今日ある方のブログで知ったのですが、「動物の愛護および管理に関する法律」が改正されたようです。
環境省パンフレット⇒


この改正法では、動物の飼い主はその動物が命を終えるまで、適切に指導する「終生飼育の責任」があることが明確にされ、飼い主さんに限らず、動物取扱業者にも販売が困難になった動物の終生飼育を確保することが、この愛護法に明記されているそうです。

そして都道府県も、終生飼育に反する理由による引き取り(動物取扱業者からの動物、繰り返しての依頼。老齢や病気を理由とした引き取り等)を拒否できるようになったそうで、愛護センターに連れて行っても必ず引き取ってもらえるとは限らなくなるでしょうね…。

今後は動物取扱業者にも、さまざまな制約が課せられることとなるようで、ワンちゃんやネコちゃんについては、生後56日までは販売禁止、そして“生”を尊重しない行為(ご飯やお水をあげない・病気のまま放っておく・糞尿がそのままの状態の不衛生な場での飼育)についても、厳しく罰則がなされるとか。


少しは悲しいニュースも減るといいですよね。
自分より上だとか下だとか、そんなことを決めてるのは人間だけ。
命は平等なはず。
動物と一緒に暮らしたいならば、もっと命の大切さを考えて迎えるべきだと思います。

関連記事
スポンサーサイト

Comment (5)

月子 #-

いままで規制がなかったのが不思議なくらいだよね。

正直、あまりにも悲しい、創造するのも辛い話しが多くて、耳をふさいでしまってた。
私に出来る事は、今ウチにいるニャンコさんを大切にしていく事くらいかもしれないけど、少しずつでも、悲しい思いをする子達が少なくなってほしい。

引き取ってもらえなくなると、放置する人が増えるんじゃないかっていう不安も感じてしまうけど、でも、そんな事にはならないと信じたい。
一度かかわったら、最後までが当たり前になって欲しいね。

2013/09/01 (Sun) 21:49 | URL | 編集 | 返信 | 

月子 #-

間違い(汗)

創造→想像

ごめんなさい。

2013/09/01 (Sun) 21:52 | URL | 編集 | 返信 | 

ひとこ #-

もっと早くから厳しい法律が出来ていても
おかしくなかったと思います。

海外では、店頭にての展示販売を禁止している
ところもあるし。

責任を持って動物を飼う、できなければ飼わない。
鉄則だよね。

2013/09/02 (Mon) 05:44 | URL | 編集 | 返信 | 
chikura">

chikura #-

月子ちゃんへ

こちらにもコメントありがとう~!

字の間違いは気にしないで~!
私もよくあるから^^;
わざわざありがとうね!

ホントに、今迄規制がなかったのが不思議だね。
当たり前のことなのにね。

私も月子ちゃんと一緒だよ。
余りにも悲しいニュースを知ると、どうにもできなくて見て見ぬふりをしてた。
シェアなんかもできるはずなのに、それすら私にはできないの。
自分が引き取れればいいけど、それもできないし、それだからこそシェアをして誰かに繋げられたらいいのだけど、なぜかそれすら私はできなくって、そんな自分をいつも責めてしまう。
以前は「可哀相」って気持ちでできたことなんだけど、今は色々考えすぎてできなくなってしまった。

あ~確かに月子ちゃんの言う通りかも。
引き取ってもらえないと放置するって…。
それも充分考えられることだよね。
でもどうか、そうでないことを祈るしかないものね。

命のこと、もっときちんと考えて欲しいよね。

2013/09/04 (Wed) 15:38 | URL | 編集 | chikuraさん">返信 | 
chikura">

chikura #-

ひとこさんへ

こちらにもコメントありがとう~!

ホントにね、ちょっと遅いよね。
福島の動物達のこともあるし、それで見直されたのかなぁ…なんて。
海外では店頭展示販売禁止してるとこもあるんだ!知らなかった~!
日本ももっと厳しくしていいんじゃないかなって思うよね。

ひとこさんの言う通り、「責任を持って飼う、できなければ飼わない」って、とっても当たり前のことなのに、それすらできない人間がいるなんてね…。


2013/09/04 (Wed) 16:01 | URL | 編集 | chikuraさん">返信 | 
非公開コメント