オーラリーディングへ

昨日、オーラリーディングのワークショップへ行ってきました~
オーラって、実はあんまり興味なかったんですね。
見えたことによってどうなの?って思ってたし、その時の感情で色は変わると聞いていたし。
でもこのワークショップをHPで見た時に、なんか気になってポチッとしちゃった私。
気になってポチッ…の理由がわかった気がしました。


ワークショップには10数名の参加者がいました。
実は私、こんな大勢のワークショップは初めてです^^;
しかも半数は男性ですよ!(うちご夫婦も2組!)
こういうワークショップに男性がいる、というのも初めての経験です。
年齢も若い方からご高齢まで。
やっぱり「オーラ」というと、入りやすいのもあるんですかね???

私が会場に入ると、椅子が並べられており、3~4名の方がいらっしゃいました。
きっと隣同士でペアになるだろうと思ったので、まずピンとくる方がいるかチェック
特にいなかったので空いてる席を見てみると、大天使の絵が数枚飾られた場所があったんですね。
でも私も詳しくないから、誰だかわからないんですが、「これはセントジャーメインさんじゃなかったかしら?」と思われる絵の前に座りました。
座ってから絵の下に名前があったので確認したら、やっぱりセントジャーメイン。
うん、今日はここに座ったらきっとバッチリだわ!と思いました。


最初に先生からオーラの説明がありました。
オーラって、チャクラの情報が詰まってるとは知らず、そんな深い物だったのかとドキドキしてきました。
やり方などの説明ってほんのちょっと。
そしてすぐに実践です。
先生がペアを決めて行ったんですが、隣同士だろうと思ったら、先生がランダムに決めて行くのです。
人数が奇数だったので、誰かが先生とペアになるんだな~って思ってたんですが、何度か先生と目が合って「もしや先生とペア!?」と思っていました。
というか「先生とペアになりたい!!」と念送ってしまったのか、運よく先生とペアになったのです
これはジャーメインさんのおかげじゃないですか~?

オーラを見る役と見られる役に分かれ、最初に私が見られる役です。
オーラって、片手幅の卵型が理想なんだそうです。(前後左右上下)
先生曰く、オーラってその理想より広がってることがほとんどなのだそうです。
それくらい、外に気が向いちゃってるということ。
先生が正面に立ってオーラの位置を確認され、ビックリな一言。

「chikuraさんは逆に前が縮んでますね」

え~~~~!縮んでる!?

「chikuraさん、とっても緊張しやすいでしょう?
 人が入ってくることを拒んでませんか?」

と色々言われたんですが、それがもうズバリ過ぎてここで泣いちゃいました。
そう、私は異常に緊張しぃなのです・・・。
元々人見知りもあるんだけど、ピンとくる人は別に、人が怖いって思ってる部分は結構ある。誰か来ると「来るぞ!!」ってすっごい構えます。
その辺も先生は言い当てたのです。
先生がおっしゃったことがホントにズバリ過ぎて、なんというか…やっとわかってくれた…って気持ちになって泣いちゃって。
そしてオーラを広げるイメージをしたら、しっかりそこまでオーラが伸びたそうです。
その時先生がワンポイントアドバイスをして下さって、

「誰か近寄ってきたら、この部分にゴールドの光を
 当ててあげるといいですよ。
 オーラが縮んでいると、そこにズカズカと相手が入り込むんです。
 しっかりオーラが伸ばせていれば、必要以上に相手は入り込めないから」

と言われました。なるほど!!
早速来週仕事の日に実践しよう。


そして今度は私の右側へ先生が移動。
オーラの大きさは大丈夫らしいですが、違和感があるとか。
「いつもこっちに人が立ちます?」と聞かれ、色々考えてもよくわからない。
レモンちゃんと歩く時のことを考えても、別にどっちとは決まってない。
考え込んでると先生が

「怒られたり、怒られそうになると、
 chikuraさんは他の感情も引っ張ってきちゃうみたいね~」

と言われました。
なんかわかる・・・。

「誰か左側にいてくれた方が安心するかもしれません。
 ちなみに寝る時も、左側を下にした方が安心します」

とパッと思ったことを言ったら「なるほど~。うん、わかった。あとで左を見ましょうね」と言われ、右側のオーラに光を当てて修正して頂きました。


そして後ろ。
後ろのオーラが大きくなってる人って結構多いのだそうです。
なぜなら人のことを考えてしまったりするのもこっちなのだとか。
で、私も大きかったらしいです
「chikuraさん、人のこと気にし過ぎね」と言われたんですが、“人のことを気にする”というイメージが、私は“人の目を気にして行動する”と思っていたので「そうでしょうか…?あんまりそうは思わないんですけど…」と言ったら「あんまり人に入り込まない方がいいわね」と言われました。
そして「もっと自分を生きていいんですよ」と。
しばらくそのことをちょっと考えつつ、オーラを縮めたら、しっかり良い大きさになったよう。


その次は私の左側。

先「なるほど~。左側のオーラはとっても良いわね。
  さっき言ったことだけど、苦手な人は左側に立ってもらうといいわよ。
  chikuraさんの苦手な右側に立たれると、
  相手が入り込んじゃって、自分を出せなくなるから」

私「それって、相手が意識してなくて右側に立っちゃうんですか?」

先「そう。この人を言い含めようとか、この人の優位に立ちたいって思うと、
  自然と相手の弱い方に人は立つの。
  だからchikuraさんの強い左側に立ってもらえれば、
  chikuraさんが自然に自分を出せるようになって、
  相手の思うようにいかなくなるのよ」

って、すごくないですかーーーーーーー
だから皆さん、私の右側(や正面)には来ないで下さいね
確かにこう、苦手な人を右側に立たせるイメージをすると、すっごく緊張して体が重くなるのを感じるんですが、左側だと全然大丈夫。
苦手な人に限らず、左側にいてくれた方がすっごく安心です。
考えてみると小藤のお散歩も、自然と小藤は左側にいることの方が多いかも。
あと抱っこする時も、小藤は必ず顔を左側にしてくれる。
もしや知ってたの…???
そう言えば先生に「chikuraさんって左利きじゃないわよね?珍しいわね」って言われました。
ちなみに先生をリーディングした時、先生は私と逆だったのです。
一応右利きだけど、みかんの皮とかぶどうの皮とかむくのは左だったり、利き足も左で、昔は左足から歩かないと気持ち悪くて仕方ない時期もあったり。
その関係もあるのかな?


そして最後に、私のオーラの色を見て頂きました。
意外や意外、私のオーラは・・・・

白とピンク

でした~~。

「白やピンクのようにホワッとしてるように見えるけど、
 実はとっても芯が強い方ね

と言われましたよ。
うん、芯が強いという自覚はある。
でもブレやすいのは後ろのオーラのせいだったのかなぁ。
ホントに白とピンクが意外過ぎて、先生に何度も「意外でビックリです」と言ったら、

「少し前まで、緑や青だったみたいね。
 何か大きな変化があったでしょう?」

と言われて更にビックリで「ありました!ありました!!」と何度も言ってしまいました~。
私、小さな頃から黄色が好きだったし、よしもと新喜劇や探偵ナイトスクープとか嘉門達夫が大好きなので、絶対黄色が入ってると思ってました
そうか~、白とピンクか~~。
結構男前と言われていたし、強烈に男性性が強かった私ですが、ようやく人並みの女性になれた気がします
女性性も強くなってきてくれてるのかな。


そうそう、後ろのオーラのことで先生に言われたことを考えていて、最後にオーラの色を見て頂いた時にまとめで先生にまた、人に入り込むなと言われました。
私は昔はそれが凄く得意(?)な人だったのです。
というのも、現実が辛すぎて、それによって現実逃避してたんですね。
だから自分がどんなに辛い状況でも、人の悩みを聞いて何日もどうしたらいいか考えていたり。
けれどその通りにしてくれないと「なんで?バカじゃないの?」とヒドイことを思ったり、こちらの想像よりも感謝が伝わってこないと「こんなにしてあげたのに、感謝が足りないんじゃないの?」って思ってしまったり・・・。
それが長く習慣であったけれど、そんな自分にも疲れていたし、辛い現状が終わった頃に、ヒーラーの友人がヒーラーの道を目指した時に指摘されたのです。
「それは本当に人の役には立ってない」と・・・。
私はその時漠然と理解したけれど、心底理解できたのはほんとにここ最近。
友人に言われてから気をつけていて、人の悩みに入り込まないようにはしていたけれど、最近あるブログにこのことが書かれていた時に、凄く理解できたのです。
それは自分が自分を生きるようになったから、腑に落ちたのかも。
自分がまず幸せでなければ、他者を幸せになんてできない。
今迄私がしてきたことは「余計なお世話」に過ぎないことだったのです。
相手はどれだけ迷惑だったでしょうね 
今考えても過去の自分にゾッとする。

先生に「自分では随分改善したと思ってたけど、まだまだですね。それが本当の優しさではないですもんね」と言ったら、

「そうですそうです!」と先生の目がキラキラと輝きました。そして、

「そう、もっと自分を生きて下さい。
 見守る、信頼する、ということもとても大事ですよ」

とおっしゃって頂きました。
オーラって凄いですね~~~~。
というか、先生とペアだったので、私はホントにラッキーだったと思います。
だから興味なくてもポチッとしちゃったわけですな~。
しかしここまでは超ラッキーだったけど、交代で先生のオーラをリーディングするということに
かなりのプレッシャーだったし、緊張しました。
でもこういうエネルギーワーク全般に言えることですが、「自分を信じる」ということがとても大事なことなんですよね。
だから自分を信じてリーディングしました。
先生の個人情報となってしまうので詳しくは書けませんが、無事オーラを感じたり、色を見ることもできましたよ



1日経って思ったのは、前のオーラは青葉、後ろのオーラは小藤…?と思ってしまいました。
アニマルコミュニケーションをして頂いて、青葉が「小さく縮んでる」と言われましたが、これが私の前のオーラに共通する。
そして小藤が「もっと自分のペースで動いて」という訴えは、私の後ろのオーラに共通する。
たまたま・・・?
いや、私はたまたまには思えない。
飼い主の気持ちを代弁する動物だから、やっぱり私に関係したことなんだと思う。
特に後ろのオーラに関しては、私は自分を今生きているつもりだからちょっと納得がいかなかったんだけど、小藤のこととなるとどうしてもいっぱい心配になってしまう。
先生がおっしゃった「信頼・見守る」ということは、小藤に当てはめるとピッタリなんですね。

そして先生に私のオーラを見て頂いて、今は勉強に夢中になっているけど、肝心なことを見落としてることにも気付きました。
自己を知る、ということ。
それは我が家のペット達のためでもあるし、緊張しいの人嫌いな私が、アニマルコミュニケーターの技術をいつか持ってもいかせるはずはないのです
もっと己を知り、気付き、そして解除できるものはプロに解除してもらった方がいいなって。
調べたらこの先生のセッション料はやっぱりお高いですが、再来月辺り、予約が取れたらセッションして頂きたいな。
勉強もたまには休んでもいいよね。
やっぱり私に必要な情報は、私が行く先々にあるんだと実感です。



こんなにも色んな情報が詰まったオーラ、凄いです
そしてオーラが整うと、なんと体の軽いこと
私の体ってこんなに軽かったっけ?ってくらいに軽やかでした。
軽やか過ぎて、帰りは違う方向の電車に乗っちゃうとこでした
体の軽さと同じくらいに感動したのは、呼吸がとってもスムーズになったこと。
最初の瞑想と最後の瞑想では全然違って、オーラを整えた後の方が呼吸が自然とできてる感じだったのです。
そして自然と背筋がピン!となっていました。
オーラが整うと、こんな効果があるんですね~。
あとよくわからないけど、とっても幸せ感に満ち足りた感じになるのです。
オーラリーディング、お薦めです



関連記事
スポンサーサイト

Comment (0)

非公開コメント