FC2ブログ

chikuraのキラキラdays
~アニマルコミュニケーションで絆を深めるお手伝い~

ペットの気持ちを伝えるアニマルコミュニケーターchikuraの日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

交信記録 【小藤編】

  07, 2013 16:53
本当は記事にするかとても迷いました。
というのも、しつけができてないじゃないか!って思われるのが恥ずかしくて^^;

実は愛犬・小藤の問題行動で、先月とても悩んでいました。
もちろん私達がきちんとしつけができていないことも問題です。
でも、しつけだけではどうにもならないこともあり、レモンちゃんに相談したら「小藤と話してみてよ」と言われ、けれど私は交信は休んでいるし、自分のペットと話すには先入観が邪魔をすること、そしてまだまだ力不足なのでハッキリしたことがわからないこと、それをレモンちゃんに伝えると、「じゃあプロのアニマルコミュニケーターさんに見てもらおうよ」ということになったのです。

(以下、アニマルコミュニケーター・アニマルコミュニケーションを「AC」とします)

そこで、私が以前から気になっていたACさんのブログを読んだら、あるイベントに出展されることがわかり、早速予約をしました。
人気の方なので1コマ(15分)しか予約が取れなかったけれど、とにかく聞くしかないと。
その方、通常セッションの予約が取りにくくなってたというのもありまして…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小藤の困った行動というのは、ハーネスを付ける時につかまえて椅子に座らせて装着させます。
休日はお天気が良ければ公園に行き、私が仕事の日はレモンちゃんが朝・私が夕方に近所を散歩します。
今年に入ってから、ハーネスを付ける時につかまえることがなかなかできなくなっちゃったんですね。
それもなぜか公園に行く日はすんなり抱っこできるのに、仕事の日がダメなのです。
先月、私のタイミングも悪かったのですが、小藤に噛まれて手が腫れあがってしまい、翌日病院に行きました。
幸い傷は小さく、血もたいして出なかったのですが。
それが私にとってトラウマになってしまい「また噛まれるんじゃないか…」と思うようになってしまいました。
情けないことです。

けれどなぜ今年に入ってからなんだろう?
今迄「お散歩行くよ!」と言えば嬉しそうにクルクル回って、すんなり抱っこできたのに。
最近では平日はそう言ってもふて寝。
暑いから?
しかも休日と平日、何があるの???
それが疑問でしかたなかったのです。


ACを目指しているというのに、実は私はプロのACさんに交信して頂くのは初めてなんですね。
多分珍しいタイプだと思います^^;
大体ACさんに交信して頂いて、感動して目指すって方が多いのですが。
私の場合、世の中にACさんがいるということを知り、レモンちゃんに話したら「小藤を見てもらおう!」と言う。
私としては亡き愛鳥のこぶを見て欲しくて意見が分かれました。
両方見て頂ければいいけれど、私が見たHPのACさんのお値段が、1頭がとても高かったんですね。
だからどっちかに決めなくちゃいけないってレモンちゃんに言われた時に、「だったら私が交信すればいいんじゃん」って思ったんです。しかも「私ならできる」って思って。
それがきっかけなのです。
ACの勉強を始めてからは、受講者同士でペットのACをしてもらったことはあるのですが、プロは初めて。

予約はしたものの、その日からかなりの恐怖に変わりました…。
確かに私の友人も「うちのペットのこと聞いてもらったら、怒られそうで怖い」って言う子もいるんですが、実際自分がACをして怖いことを言う子はいないのはわかってはいても(愛ある厳しい意見は別)、本心を聞くのが怖くて仕方なく、当日準備してる間何度も「キャンセルしようかな」と思いました。

他にもACさんがいらっしゃったので、小藤のことを聞いて時間がなくなってしまったら別のACさんに鳥たちのことも聞いてもらおうと、3つの写真を持って会場に向かいました。
心臓が痛かったです(T_T)

前置きが長くなってごめんなさい。
ここからACのことを書きますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ACさんに小藤の問題行動をお話したら、すぐに交信が始まり、

A「ふふ。小藤ちゃん、面白い!
  呼んだらビックリして、誰!?って言ってる」
私「あ~そういう感じの子です~^^」

交信中・・・

A「小藤ちゃん、ペースを乱されることがイヤみたい」
私「ああ…なんとなくわかります」

交信中・・・

A「chikuraさん、普段から言いたいこと言えてますか?
  思ったことの半分しか言えてないみたい」
私「うーん…最近そう感じませんが…」
A「きっとね、それが習慣になってると思うの。
  10あるうち5を言えるのがマックスみたいに。
  小藤ちゃんはね、chikuraさんのそのストレスを爆発させてるみたいね」

ショックを受けてる間にまたまた交信中・・・

A「あとね、義務的に思わないで!って。
  前はもっと楽しかったのに、って」

その時私はあ!!!と思いました。
これはレモンちゃんとのことだって。
レモンちゃんは昨夏から、地域活動を始め、そしてマンションの理事長となり、正確に言うと年末位から物凄く忙しくしてたんですね。加えて仕事、そして以前から習ってることもあります。
マンションのことは仕事として私は見てるけれど、地域活動はそう見えないのです。
レモンちゃんにとって大事なことかもしれないけれど、そうでなくても他で忙しいのに、更に忙しくなって。
その分私に負担がどんどん増える。
私は一応主婦なので、家のこと、仕事のシフトのペース、小藤や鳥達のこと、全てのバランスを考えてスケジュールを考えるんですね。自分の体調も考えながら。
けれどレモンちゃんは家のことなんかスルーで、どんどん自分の空いてる時間にスケジュールを入れてしまう。
それに私はとても腹を立てていたんです。
例えば休日に行く公園のお散歩も、レモンちゃんがいるのといないとでは、体や精神面の負担が全然違う。
一度ハーネスが街中で取れてしまっていることもトラウマになっているせいか、精神面の影響もあるのです。
今年に入ってから小藤と3人で公園に行けてるのは僅か3回くらいしかありません。いつもは毎週行っていたのに。
亭主元気でなんとやら…ってのは私にもあるけれど、家にいてくれるかいないかっていうのも大きいです。
例えば私の体調が悪ければ、洗濯物をしまってもらうとか、洗い物をお願いするとか、そういうことが一切できなくなっちゃったんです…。
そして私と違って好き勝手にスケジュールを入れることが気に入らず、「これって結婚してる意味あるの?自分だけ好き勝手にやるのは困る」って思いもありました。
そのストレスが一番ひどかったのが今年の1月。
段々慣れてはきたものの、それでも毎週いないレモンちゃんにイラッとしてました。
「なんで全部私がやらなきゃいけないの?」と。
珍しく夏のボーナスをちょっと大目に私にくれたのですが、「あげてやった」感をにおわすレモンちゃんに、その時爆発しました。
でも思えば、10あるうち5しか言えてなかったと思う。
それでもレモンちゃんもちょっと反省はしましたが……行動には移せてないかなぁ。

そのことをACさんに伝えたら大納得。
ACさんに「それって私の気持ちを全部小藤が受けちゃってるんですか?私の気持ちの反映なんですか?」と聞いたら
「そうみたいですね。小藤ちゃん、ママのこと大好きだから、ママにそれに気付いて欲しかったみたい。だから今日ここに来たのも小藤ちゃんがそうさせたようですよ^^」と。
もうここで涙が溢れてしまいました…。
こんなにも敏感に、言葉にしなくても、私のことを全部わかってるんだ…。

A「でも噛んで怪我しちゃうのはねぇ。ちょっと待って」

交信中・・・

A「反省してる?って聞いたら、そっぽ向いて“ちょっとはね”ですって!
  “ボク、怒られるの嫌いだもん!!”って言ってますよ^^」

これまた小藤らしくて笑ってしまいました。
(笑うとこじゃないんですけど…)
でも小藤が人間だったら、そんな態度・言葉を使うだろうなーって。


私「疲れてて義務的に感じてる部分も正直ありました。
  でも小藤、これも私のしつけが悪いんですけど、
  1歳過ぎてから、家の中でトイレをしなくなっちゃったんです。
  だからお散歩行かなきゃ!ってよけい思っちゃって…」

交信中・・・

A「ご主人、キレイ好きですか?」
私「え!?全然!!!!(きっぱり)
  主人も家でトイレしてくれたらいいのにって言ってますし」
A「うーん。潜在的にご主人は、お家を汚されたくないみたいね。
  どうもそれを小藤ちゃんが察してしまって、
  おうちでできなくなっちゃったみたい」

これも思えば、ですが、ここに引越してから間もなくして、小藤は家でトイレをしなくなりました。
レモンちゃんはキレイ好きなんて全然言えない人ですが、この部屋、リフォームして引越したんですね。
未だにですが、壁に画びょう刺すなとか、とにかく家を傷付けないようにっていうのは神経質になってます。
だから、小藤のおしっこが壁にでもちょっとくっつこうものなら……っていうのはあると思います。

A「あとね、ご主人のその思いもあるけれど、
  外でするトイレは開放感があってたまらない!って言ってる^^」

確かにそうかも~。
お外でトイレする小藤はホントにたまらん!って顔します(笑)
これは少しずつ、せめてベランダにトイレを持ってって訓練してみようと思います。


あと、公園は遠いので自転車のカゴに小藤を入れて行くんですが、この1年位かなぁ…カゴから出す時に「オホホーーーン!」って凄い声出すんですね^^;
それも聞いてもらったんですが、どうやら私が「また言うかも…」って不安になってるエネルギーが伝わってしまってるとか。
これは先ほど友人に話したら「逆に“どんどん言って~”って思った方がいいんじゃない?」って言われ、ハッとしました。
ACさんにそう言われつつもやっぱりビクビクしてた私。
友人に言われて気づいたのは、余裕が全くなくなっていたこと。
「どんどん言って!」って思ってた方が、割り切れるし余裕が出ますよね。
これからそう思ってようと思います。
ありがとう、Hさん♡


それから最後に。
小藤は朝食後は全くないんですが、夕食後、結構凶暴になるんですね。
遊んで欲しいみたいで、レモンちゃんの使用済シャツやパンツを脱衣かごから引っ張り出して持ってくるのです^^;

A「夜は長いんだし、いっぱい遊んで欲しいみたいですね。
  なんでもそうだけど、声掛けしてあげるといいですよ。
  例えばカゴから出す時も声掛けして、お散歩行く時も“あと○分後くらいに行くよ”とか。
  夕食後も“そう、遊んで欲しいんだね~”なんて声掛けすると満足して
  意外とおさまったりするものだから、ぜひ試してみて下さい♪」


で、その夜から夕食後の声掛けをし、パンツやらおもちゃやら持ってきた時に「そっか、遊んで欲しいもんね~!遊ぼうか!これで遊ぶの?」と声掛けしたら「別にいいや」って感じで寝てしまったり、大人しくなったりしました。
スゴイですね!!!



たった15分でこんなに盛りだくさんのことを聞いて頂けました。

・ペースを乱されるのがイヤ
・義務感と思わないで
・私が我慢していることを反映している
・もっと自分のペースで私にもそうして欲しい

私の代わりに一生懸命健気にアピールしてたのかと思うと、本当に愛しくて愛しくて、もっともっと大切にしなくてはと思います。
もちろんしつけもしっかりしなくてはいけないことは重々承知です。
けれど、犬だって心のある生き物。
しつけだけでなく、心の声を聞いてあげることもとても大事だということを改めて実感しました。

ちなみに小藤は、しつこく触ると怒ります。(甘噛みですけどね)
でもACをして以来、ちょっとしつこくしても怒らなくなったんですね。
ちゃんと伝わったことが満足したんでしょう。
エネルギーが動いたのだと思います。


レモンちゃんにも全て話しました。
「全部レモンちゃんが悪いんだからね!!!」って(笑)
「小藤、ごめんな~。もっといっぱい遊ぼうな!ドライブ行こうか!」とか言ってるんですが、私の言ったこと、わかってるんだろうか?(-_-;)
小藤の問題行動は、今後のレモンちゃんの行動が一番大きいと思います。
そして私の割り切り・・・もかな。


今回プロのACさんに交信して頂いて、ビックリの連続でした。
私ならもっと時間がかかることをパッとできてしまうこと。
そして、動物のことだけでなく保護者とのことまで奥深く聞き出せること。
正直最初は余りの違いに(当たり前だけど^^;)凹みましたが、それも一瞬。
私は絶対、この方のように素晴らしいプロになる!と決意を新たにしました。
きっとそう思わせてくれるためにも、小藤が連れてきたのだと思います。

動物は大切な家族の一員であり、大切なパートナー。
もしかしたら家族以上の存在かもしれません。



次にてんと青葉の交信を別のACさんにして頂いたのですが、今日はちょっとアップする時間がありません。
週末にアップできたらと思います。

てんのACはこちら ⇒ 交信記録 【てん編】
青葉のACはこちら ⇒ 交信記録 【青葉編】

関連記事
  •   07, 2013 16:53
  •  6

COMMENT 6

Thu
2013.08.08
13:59

りんこ  

素敵ですね~

やっぱり、動物と交信できるって素晴らしいわ~。
私、義実家の猫や、自分とこのウサギに対して、本当に、ごめん…
なにを思っているか、わかってあげられなくてって思う事、ありますもん。
そんな時、とっても切ない気持になるもので…。

この際、レモンちゃんにぶっちゃけて話してしまっていいんでわ?(笑)
こふちゃんは、レモンちゃんが大きな声出しただけで、喜ぶんだから(笑)
やっぱり、レモンちゃんがいると楽しいんでしょうね。
chikuraさんがいなくても…って意味じゃないですからね。
やっぱり2人が揃ってナンボなんでしょうね。(笑)

これ読んでて、私って、動物に話しかけまくってるな~って思いました。(^^;
ウサギが近寄ってくれば、お腹すいたの? ちょっと待ってね。
これやったらあげるからね。とか、5分だけ待ってね。とか。
時間的に、全く関係ない時であると、「僕はナデナデしてほしいんです!」と
彼の心を勝手に代弁してみたりとか・・・(笑)
ああ、楽しい。(爆)
それでも、うーちゃんの本当の気持ちを聞いてみたい気がするなぁ。

2013/08/08 (Thu) 13:59 | REPLY |   
Thu
2013.08.08
16:06

ひとこ  

原因がわかって良かったですね。
それにしても、手に取るように状況が把握できて、
答えも明確なんですね。
すごいの一言です。

一つ屋根の下で一緒に生活しているペットたち。
Chikuraさんの気持ちを敏感に読み取って、また寄り添って
いてくれるんですね。
これでまた関係が深まるんだろうなぁ。

出会いに感謝です。

2013/08/08 (Thu) 16:06 | REPLY |   
chikura">
Sat
2013.08.10
14:09

chikura  

りんこさんへ

いつもコメントありがとうございます(*^_^*)

私もりんこさんと同じですよ。
何を思ってるのかわかってあげられなくてごめん…って、思います。
ちょっとは交信できるようになったものの、我が家のペットとなるとなかなか難しくて。
そこを早く吹っ切れると良いのですが。

レモンちゃんにはACをやって頂いて、すぐに全てを話をしましたよ~。
今回のことは鍵を握ってるのはレモンちゃんだったので…。
もちろん、私もレモンちゃんに対して割り切らなくてはいけない部分もあるのですけどね。

そう、小藤は私とレモンちゃんが一緒だと本当に嬉しいんですよね。
初めて小藤とACした時に、「3人で一緒に行くお散歩がとっても楽しいの!」と言っていたのです。
レモンちゃんはその差がよくわからないみたいですが、私はレモンちゃんと3人の時と、私と2人の時と違うな~っていうのはよくわかります。
表情がまず違うし、私もレモンちゃんをアテにしてるところがあるから、小藤にも伝わるんだろうなと思います。
あと、レモンちゃんが仕事で遅くなる時は「仕事だ」って理解できてて寝て待ってるんですが、例えばレモンちゃんが一泊で帰省なんかすると、夜は玄関の方をジーっと見てお座りをしたりするので、どうやら仕事じゃないってわかるみたいなんですよね。
「パパは明日帰ってくるよ」と言うと淋しそうにクンクン鳴いて、そして理解したのか仕方なく寝るって感じなんです^^;
それほど小藤にとってはやっぱり私達が大事なんですよね。
小藤にとっては、私とレモンちゃんだけが全てで。
そこをもっとレモンちゃんが理解してくれたら…と思います。



2013/08/10 (Sat) 14:09 | chikuraさん">REPLY |   
chikura">
Sat
2013.08.10
14:17

chikura  

ひとこさんへ

いつもコメントありがとう(*^_^*)

ホントに凄い!の一言に尽きるよね!!
まるでそこに人間語を使う小藤がいるかのように、パパッとお話できるんだよ~~~!
私なんて準備だけでも時間かかるし、一つのことを聞くのにも時間かかるし、さすがだなぁ~って本当に思った。
しかもこっちが気付くことが多いということは、やはり適格なんだと思う。

去年あの仕事をしてた時に小藤の腕や顔がハゲてしまったのは、きっと私の気持ちがあらわれてたんだってよくわかった。
思えば、浦安からここに引越しが決まった時も、私は結構ストレスを感じてて、その頃小藤の耳がハゲちゃったんだよね。
今思うと、私に大きなストレスがかかっている時、いつも小藤は何かしらトラブルがあって…。
ストレスの無い人なんていないけれど、これから気を付けなくてはと思ったし、魂にそって生きていかなきゃって改めて思えた。
それを小藤が教えてくれたんだよね。
本当に出会いに感謝だよね。


2013/08/10 (Sat) 14:17 | chikuraさん">REPLY |   
Mon
2013.08.12
10:50

月子  

今年の暑さはいったいなんなんだろうね~。(´O`)ヘロヘロ~。

交信記録、みんな読ませてもらいましたぁ。
ん~。スゴい。

「義務的にならないで」って、言葉、私もドキッとしてしまった。
いろいろしなきゃって思うと、ニャンコと遊ぶ事さえもスケジュールの一つになってしまってね。
そうしてると、楽しそうに感じられないし、実際楽しくないんだろうな~。
もし、自分が仕方なく相手されても、きっと心から楽しめないだろうし。

一緒に暮らしてる人がいると、夫婦とはいえ、折り合いをつけながらやっていかないといけないとか、いろいろあると思うから、余計に大変だよね。

小藤ちゃんの気持ち分かって良かったね~。
小藤の反応が、男の子らしくて可愛くて、ニコニコしてしまったよ(*^^*)

2013/08/12 (Mon) 10:50 | REPLY |   
chikura">
Wed
2013.08.14
16:21

chikura  

月子ちゃんへ

いつもコメントありがとう~!

ホントに今年の暑さは凄いよね(T_T)
こちらは先日二日連続のゲリラ雷雨で、近所の川が氾濫して床下浸水のあったお家もあったり。
(うちは停電もなく無事でした)
大体41℃なんてあり得ないよね!!!

仕事してると「義務的にならない」というのはなかなか難しいよね…。飼ってるペットにもよるのだけれど。
私も月子ちゃんと一緒で、スケジュールの1つになってしまってた。
ACしてもらってすぐに変わるかって言ったらムリだよね。
私もまだ、仕事から帰ってお散歩行く時は疲れてるから、「行かなきゃ」って思ってる。
でもそれを少しでも直そうと思って、まずは言葉から始めてみたよ~。
「一緒にお散歩行きたいんだよ」「ママのダイエットに付き合って!」とかね^^;
自分で発した言葉も耳に入るから、そのうち自分も思い込んで、義務的にならないように…を狙ってる(^^ゞ
小藤の夕飯後も、いつもはその後人間ご飯の準備をするからなかなか思うように遊べなかったんだけど、「徹底的に遊ぶぞー!」って「遊びたいよね~。どのおもちゃで遊ぶ?」と聞くと結構満足してくれるようになったよ。
多分「徹底的に遊ぶぞー!」って意識が伝わってるのだと思う。

彼はね、私が言うより小藤の言葉の方が強かった(笑)
夏休みに入った、というのもあるんだけど、一緒に公園へお散歩へ行ってくれたり、シャンプーも積極的にするようになったり、私の家事の手伝いもするようになったんだよ~。
彼がやると二度手間になることもあって、結婚以来なるべくその辺は無視しないと自分が苦しむ…と思いつつ、やっぱり100%任せられなかったの。
でも「やらなきゃ成長しない」とも思ったし、ここで私がやることになると、結局自分の首をしめて小藤に迷惑をかけるという結果になっちゃうから、グッと我慢してお願いしちゃってる^^;
さすがに洗濯物を裏返しに干してくれないことは注意したけど(笑)

プロのACさんにお願いして良かったと、本当に思う。
小藤やてんも青葉も、皆愛しさが増してくるね♪

2013/08/14 (Wed) 16:21 | chikuraさん">REPLY |   

Post a comment