chikuraのキラキラdays

~ペットちゃんと飼い主さんの絆を深めるお手伝い~アニマルコミュニケーターchikuraの 日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

最後の実家

  13, 2013 01:01
今朝亡くなった親友の夢を見た。
知らない男性から、親友は本当は生きていて別の場所に暮らしていると教えてもらった。
電話番号を教えてもらいかけてみたら、懐かしい「もしもし?」の声。
「やっぱり生きてたのは本当だったんだ!! でもどうして死んだなんて嘘ついたの?」と聞くと笑ってごまかす親友。
私の知らないところで色々あったんだろうと察し、それよりも死んだという大きな嘘よりも、親友とまた話せたことが本当に本当に嬉しくて、そのまま電話で少しだけ話しました。

そこで夢は終わり、あまりにリアルだった親友の懐かしい声に、しばらく混乱してしまった。
お通夜に行った時の親友の顔、お母さんが「こんなに脚がむくんじゃってね」と見せてくれた考えられないくらいにむくんだ脚。
あれはなんだったんだっけ?
生きていたなら、あんな嘘つけないよね?
それにまだ当時入学前の子供がいて、その子を捨てたなんて考えられない…。
火葬の時は?あの直後に一人で逃げたの?
……と、たくさんの疑問があり、でも実際親友はそんな嘘も平気でやりそうなので、夢か現実か納得するまで、なんと30分以上もかかってしまいました…。
もう4年もたつというのに、私はまだ親友が死んだことを信じてないのだろうか?

それから夢占いで調べてみたら、亡くなった人が生き返るのは、復活を意味するそう。
なんの復活……?
まさか実家の取り壊しがなくなるとか?
なんて都合よく考えてみたりして。


その実家、いよいよ取り壊しが明後日になりました。
明日から私は実家に帰り、家族5人でその時を見届けます。
実家に家族5人が揃うなんて、何年ぶりだろう。
少なくとも私が結婚してからは一度もないはず。

この日が来るのはあっという間だったな…。
形あるものはいつかなくなってしまう。
家がなくなったら、その思い出たちを私が死ぬ時まで覚えていられるんだろうかと、不安になったり。
本当に淋しい。


親友は私に何か大きな問題があると、必ず夢に出てきてくれるけど、親友とのこんな楽しい夢は初めてかも。
何か意味があるのかな。

親友も一緒に見届けてくれるかな。
明日は家にたくさんのありがとうを伝え、ヒーリングをしたい。


ありがとう。
私を育ててくれた小さな家よ。
いつまでも愛してます。
関連記事
スポンサーサイト
  •   13, 2013 01:01
  •  0

COMMENT 0

Post a comment