バランス

昨日会社でとっても胃が痛くなることがありました。

お休みしていたBさんのミスにAさんが気付き、Aさんが遠回しにずっとずっと責めた言い方をしていて、それを聞いていた私は胃が痛くなりました。
仕事だからどうしたってジャッジしてしまうかもしれない。
けどそこに感情は必要ないのでは?
明らかにBさんに今まで溜めていた負の感情を入れ込んじゃってるAさん。
以前もAさんは同じように吐き散らかして、関係ない私は同じように胃が痛みました。
(だから私、この会社がイヤなんだわ…)
今迄会社にこういうタイプの人がいなかっただけに、本当に気分が悪くなります。



しかし、そこで「ジャッジ」という言葉が昨日からグルグル。
ああそうか、このテーマを私に教えてくれたんだな~って思いました。

以前アニマルコミュニケーターの講座のおまけ(?)で先生に、タローデパリで、私の持って生まれた資質(バースデーイヤー)と、今年来年の流れ(タロットイヤー)を見て頂いたんです。
私のバースデーイヤーは「8」

820MAJOR20lrg.jpg

バランス感覚に敏感で何かとジャッジしがちなところがあるかもしれません。
が、同時に真実は、直接的な気付きによってのみ知ることが出来るということを魂のどこかで知っているあなた。
なにごともあなたの叡智のバランス感覚を働かせて上手に人生を進んでいきましょう。
バランス感覚に優れている故に、体調の悪い時期は優柔不断に陥る…などもあるかもしれませんが、持ち前のバランス感覚で、適度に休みながらあなたらしい人生を歩んで行くことでしょう。



最近あんまりジャッジしてないように思ったけど、昨日は胃が痛みながらも「もういいじゃん。グダグダ同じこと言う方が、仕事できる以前に人ととしてどうかと思うわ」と思った時点でジャッジしてますね
そう、私はジャッジするのが得意なんですね(-_-;)

善か悪か。
メリットかデメリットか。
利用されてるかしているか。

などなど、最近はこうは思わないけど、昔は利用されてるかされていないか、それはメリットなのかデメリットなのか、と損得勘定ばっかりしてましたね
そのニオイを嗅ぎ分けるのが得意だったのは、このバースデーイヤーのせいだったのか???
今でこそ損得勘定はしてない(つもり)けど、怖い女だったわー



でもって今年のタロットイヤーも同じなんですよね~。
まぁ22年に一度しかないらしいので、楽しむ余裕を持ちたいとこですが。

このカードは天秤をぶら下げた女神が描かれていますが、彼女は、智慧でモノゴトをはかるので天秤(正義のジャッジ)が必要ない…ということを表しています。
バランスがテーマの一年なので、揺れることもあるはずですが、くれぐれも正義のジャッジではなく、愛でバランスをとって下さいね。


というメッセージを頂いていました。
うむ~。
正義のジャッジではなく、愛でバランスを取る…か。
これって凄く難しいですよね
ジャッジばっかりしてきた人間にとっては、愛でバランスを取るという意味がイマイチよくわからなかったりするけれど、愛をもらったり与えたりすることによって、ジャッジする必要性がなくなる、ということなのでしょうね。
愛はそれだけで満たされる、ということなのでしょうか。


すっかり忘れていたこのテーマ。
思い出せて良かったかな。
来年は今年よりはラクになれるみたいです。
って、あと半年もあるぞーーー
(誕生日~誕生日前日までなので)

関連記事
スポンサーサイト

Comment (0)

非公開コメント