chikuraのキラキラdays

~ペットちゃんと飼い主さんの絆を深めるお手伝い~アニマルコミュニケーターchikuraの 日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

検証結果

  02, 2012 14:48
1~3月までアニマルコミュニケーターのアドバンス講座を受講しており、宿題の提出もその頃済ませてありました。
しかし3つの宿題のうち1つがずっと返ってきてなかったのです。
もしかしたら飼い主さんの検証が遅れてるのだろうか?と思っていたけど、さすがにもう夏だし…と思って先生にメールしてみました。
結局先生が検証結果を私に送るのを忘れていたそうなのですが(^^ゞ
でも検証してもらっていたので良かった~。


なかなか良い検証結果なので凄く嬉しかったな。
最初に返ってきた2つの結果も凄く良かったし、以前に比べたらとってもよくアニマルコミュニケーションができてるように思えました。
去年よりは本当に成長したな~って我ながら思います


しかし最近はホントに忙しくて、おまけに心が荒んだ状態なので練習なんて全くできない状況。
アニマルコミュニケーションをした後って、凄く心が洗われる感覚があるのです。
動物が本当にピュアな存在なので、多分その波動がきっと伝わるのでしょうね。
ハートチャクラが喜んでいる感覚もあります。
と同時に、人間は付着物が多すぎると思ったり、でも付着物がなくなるようにもできるものなんだな~とも思います。


なんだか凄く懐かしい気持ちになっちゃいました。
こんなに今心が荒んでいて、恥ずかしい気持ちにもなったり、そしてやっぱり早く私もアニマルコミュニケーターのプロとして活動したいなと思いました。
それにはもっともっと動物と話をしたり、自分磨きもしなくてはいけなし、勉強もしなくちゃいけないのだけれど。


アニマルコミュニケーターは、動物と話すだけってわけにはいかないと思っています。
どんな仕事でも引き出しがいっぱいあった方が仕事がスムーズですよね?
それと同じです。
たくさんの引き出しを持ってからプロになりたいなと思ってるのです。
だってそうじゃないと動物にも失礼だし、動物の言葉を飼い主さんに伝えるという架け橋になるわけだし、伝えっぱなしじゃダメなわけで…。
やはりそこには「愛」は欠かせないのです。
今はまだまだ人間としての私は未熟過ぎるから、もっともっと色んなことを勉強しなくては。


もうすぐ4年前に他界した亡き愛鳥・こぶの命日。
去年思い切ってアニマルコミュニケーションをし、「僕はずっとママを見守っている」という言葉が嘘でないことを、その秋に知ったのです。
私のマイスペースにこぶがいてくれたことを知り、自分のアニマルコミュニケーションが間違っていなかったこともわかりました。
マイスペースで最近こぶとよく話しはするんですが・・・・・・命日にはマイスペースではなく、アニマルコミュニケーションしてみようかな?と思ってるんですが、どうなんでしょうね。マイスペースの存在とどう違うのか?
去年「また話をしていい?」と聞いた時に「もういいんじゃないかな」って言われたので、本当はしない方がいいのかもしれないけれど…。
これは命日に決めよう。

去年こぶと初めて交信した記事はこちら↓
君を忘れない
関連記事
スポンサーサイト
  •   02, 2012 14:48
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment