chikuraのキラキラdays

~ペットちゃんと飼い主さんの絆を深めるお手伝い~アニマルコミュニケーターchikuraの 日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

繋がり

  03, 2012 23:52
昨秋からアニマルコミュニケーターの講座をきっかけに浄化が進み、今まで仲良かった友人の発する言葉がいきなり理解できなかったり(日本語なのに日本語に聞こえなくなる)、また反対に、余り連絡しなかった友人と急激に仲良くなったりと、なんだか不思議現象が起きていた。

先月自分のマイナスな感情や性格をとことん認めて解放したせいか、一番認めたくなかった『淋しがり屋』の部分を認めたおかげで、話が合わなくなった子にはこちらからは連絡しなくなったけど、昨日久しぶりに連絡が来て話してみたら、なぜか日本語が通じた(笑)
話してみると、彼女の心の変化がなんだかわかったんですよね。
だからかな?
今のところは、だけれども。
でも別の友人とメールをすると、やっぱり理解不能なことが起きる…。


色々考えてみたけれど、どちらも今いる状況に感謝できてないんじゃないかと思ったりする。
これは前から薄々思ってたけど。

人によっては制限がかかって前に進めない場合だってある。
例えば、親の面倒を見なくてはいけないから・子供が小さいから・周囲に病人がいる等あると、働きたくても働けなかったり、なかなか自由がきかないことはあると思う。
それ以外の場合だと、動けるのに理由をつけてそこに留まる。結局ラクだから?
でもこういう人に限って、文句や自慢や低い競争心(不幸自慢みたいな)が強い人が多いのはなぜだろう。

結局変化や前を向くのが怖くて、自分に自信がないからなのかなと思ってしまう。
その状況下でも文句を言わない人は、自分の状況をよく見ていて、前を向こうとしてるのがよくわかる。

やはり、私は前を向こうとしない人が苦手なのかもしれない。
変化を起こさず一生文句を言って終わらせるならそれはそれでいい。
でも私には必要としない人だなと思ってしまった。

今まで人間関係を、メリット・デメリットと分けてしまいがちな私だったけど、そうじゃなくて、今自分が生きていられることを周囲に感謝できない人は、根本的に合わないんだなと思ってしまった。
感謝できないから、文句や自慢や低い競争心が生まれるのかなーと。
やはりそういう人とは話が合わなくなってきたというか…。

ムリして縁を切るつもりはないけれど、ムリして付き合う必要もないな、と改めて思った。
『来るもの拒まず去るもの追わず』で、私からはアクションする必要がないとハッキリわかったかも。
関連記事
スポンサーサイト
  •   03, 2012 23:52
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment