chikuraのキラキラdays

~ペットちゃんと飼い主さんの絆を深めるお手伝い~アニマルコミュニケーターchikuraの 日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

誘拐未遂

  11, 2012 01:07
うう…
なんだか急に誘拐未遂に遭った時の負の感情が浮上してきたので吐き出してみます。


私が小学1年か2年の時、誘拐未遂に遭いました。
友達と三人で下校し、遮断機のない踏切で皆で左右を確認していた時、白い車が止まりました。
運転席にいたのはおじさん。1人。
窓を開けて私達に何か聞いてきた。(内容は忘れたが、道を聞かれたような記憶が。)
私達が答えようとしたその瞬間、おじさんの一番近くにいた私だけが、窓から手を伸ばしたおじさんに捕まり、車の中に入れられそうになったのです。
怖くて声も出ず、近くにいた友達たちは暫く私を引っ張ってくれた。
私は必死に逃げようともがき続けた。その時間がとにかく長く感じた…。
『助けて!』と叫びたくとも声が出ない。
すると一人の友達が大声で『逃げろーー!!!』と叫んで走った。
私はその叫びで、ほうれん草を食べたポパイのように信じられない力でおじさんの腕を振りほどき、友達たちの後を追って必死に走り、私達は近くの竹やぶに逃げ込んだ。
おじさんが車から降りて追ってきたらどうしよう…と3人で震えていたが、おじさんは車を走らせ私達に『バイバ~イ』と手を振って消えた。



今では笑い話にしてるけど、あの時の恐怖はハンパなかった。
大人の男って、こんなに力があるのかと、まるで鎖で体を巻かれたように振りほどけないのだ。
もしあの時連れ去られていたら、私はどうなってたんだろう。
昔は『人さらい』なんて言ったけど、今思えば、幼女に性的イタズラをする目的の変態クソヤローだったんだろうな。(言葉が汚くてスミマセン)


私は、その時の恐怖もだけど、友達たちが私を追いて逃げようとしたことが、今思えば一番悲しかったのかも…。



どうしてもっと助けてくれなかったの?
線路にいっぱい石あったじゃん。
石くらいおじさんに投げれなかったの?
どうしてどちらか一人が、近くの家に助けを求めに行ってくれなかったの?
私があのおじさんから逃げることができなかったらどうしてたの?二人だけで逃げるつもりだったんだ?
私は?
私はどうなってもよかったの?
どうして?
どうして?



…悲しいな…
あの時泣かなかったのに、うん十年もたってから今さら涙が出てきた。
私が友達に執着するのは、このせいなんだろうか。


もちろん、友達たちの恐怖もわかってます。
余りの恐怖で機転がきかなかったことも。まだ小さかったし。
最初は私を引っ張ってくれたけど、おじさんの力に敵わないとわかって『逃げろ』と言ったのが、今さらながら理解できないのです。
あの時私がポパイみたいにならなかったら、私は確実におじさんに負けてたのは明らかでしょう。
幼いながらに『裏切り』を感じてしまったのだ…。




正直にあの時の気持ちに気付いて、そしてようやく認められたのかも。
気付いて認められなかったら、この感情を手放すことすらできなかったのだから、とても良かった。


しかし今、『負の感情出せ出せキャンペーン』なのかもな…。
関連記事
スポンサーサイト
  •   11, 2012 01:07
  •  2
  •  0

COMMENT 2

Wed
2012.03.14
15:36

りんこ  

にゃるほど。

実は私も小学校の頃に、車に乗った人に声をかけられました。
お休みの日に家に向かって歩いていると、後ろから来た車が止まり、
中学校の場所を尋ねられました。
私が教えてあげると、実はそんなことはどうでもいい的な顔をして(子供ながらにそう見えたんですよ)
送って行くから乗りなよ。と言ってきました。
目と鼻の先が家だったので、家はそこなので…と言うと、去って行きました。
この程度だったので、大した恐怖心は芽生えなかったと思うけど、
腕を引っ張られたら、さぞかし怖かったでしょうね。

もうひとつ…
一学年上に天然パーマの男子がいました。
当時その男子が4年か5年だったと思います。
田んぼの向こう側(←立派に田舎です(笑))を歩いているその男子が
友人と2人で歩いていた私たちに石を投げてきました。
あたりはしなかったけど、何?と思っていました。
表通りの一本裏道の十字路に差し掛かった時、
その男子が私たちの行く手を阻みました。
そして「クルクルパーって言っただろう?」と言ってきました。
言って無いよ。(と確か言い返したはず…)と言っても、
言った。と迫ってきたのです。
友達はすきを見て、一人走り去り、私だけが、その男子に掴まれ、
今度言ったらコロスからな!(←違う言葉だったかもしれません(^^;)と言われました。
暴力は振るわれなかったけど、恐怖心はいっぱいでした。
でも、私は逃げた友達に対して、ひどい!って気持ちにはならなかったのかもしれません。
なぜなら、彼女は未だに私の友達だから。(笑)

2012/03/14 (Wed) 15:36 | REPLY |   
chikura">
Thu
2012.03.15
18:32

chikura  

りんこさんへ

コメントありがとうございます!

私も「送って行くから乗りなよ」のお誘いありましたね。
時々こういうの流行りませんでしたか?(流行るっていうのかな?^^;)
児童の誰かがこういうことがあるとすぐ全校集会で先生がその話をして、出くわすと「あーこれかー!!」って思いました。
あと変質者とか。

「コ○ス」って言うのは、大人になってから言われても、刺されてもないのに本当に胸に突き刺さりますからね…。
逃げたお友達に対して酷い!と思わなかったんですね。
私は心が狭いのかも。


2012/03/15 (Thu) 18:32 | chikuraさん">REPLY |   

Post a comment