chikuraのキラキラdays ~ペットちゃんと飼い主さんの絆を深めるお手伝い~

アニマルコミュニケーターchikuraの 日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

自己評価

  09, 2012 22:03
どうにもこうにも考えることが趣味なのがやめられず…
レインドロップを受けてから、アレコレ考え出してしまいました。


先日友人と会話していて思ったこと。

友人と片付けの話になりました。
友人はとにかく片付けが大好きで、必要がないと思えばパッパと捨てられる人。
私はと言えば片付けが苦手で物が捨てられない。最近こんまり先生の本も買いました(笑)
で、その時にパッと閃いたんですが、物に執着しない人は、他人にも執着しないのでは?と。
友人もそういうタイプ。「もうこの人とはムリ!」と思ったら絶対連絡を取ることはないです。
私はと言えば、他人にも執着するので「もうこの人とはムリ!」と思っても、怒りが冷めると連絡しちゃうタイプなのです…。(女性限定ですが)

それからグルグル考え出しまして…

ミッチーが「淋しがり屋の一人好き」とうまいことを言いますが、まさしく私もそのタイプ。一人は大好き。
けれど、よくよく考えてみると、私、かなりの淋しがり屋なんだなって思うのです。
1人で家にいると、とにかく誰かと連絡を取ってしまう。毎月電話代が怖いです
1人が好きだから、自分では余り淋しがり屋だと認めてなかったけど、絶対淋しがり屋なんですよね、これって。今頃気付いたのかよって自分でも呆れます

そう気付いてしまったらまたグルグル…

この淋しさは何か?
先日のインナーチャイルドも関係してくるんでしょうね。
誰かに認めて欲しい、私の存在を忘れないで欲しいって思ってしまって電話してしまう。
でもあちらからかかってくるってことが滅多にないってことは、私が暇人というのもあるけれど^^;それがオーバーに言えば「認めてもらえていない」「存在を忘れられてる」という考えになり、イコール「淋しさ」になって大迷惑な人になってるわけですが

そういう部分でも人に執着してしまっている…と気付いたらまたグルグル。
ここまで自分のマイナスを認めてしまったからには、もっとマイナスを認めてしまおうと考えてみた

そう、私はいつも「良い人」に見られたいと思ってる。
だから以前某SNSをやってた時だって無難なコメントをしたり、思ってることをハッキリ言わなかったりしていたっけ。
それはSNSに限らず、友人や会社の人もそうだし、あんなに嫌いな義父にもそうだし、下手したら両親にもそうなんだろうな。
自分が相手とは違う意見があるのに言えなかったり…。
これが執着か?と気付き、だったら取りあえずできる範囲で良い人をやめてみようと思った。
言いたいことを言えないでいるってとてつもなくストレスだから。
もちろん、度が過ぎることはせず、オブラートに包んで…から始めてみたら、後からその人を憎む気持ちがなくなった。「取りあえず言えたからいいや!」みたいな。

そして「もう絶対連絡しない」人と「苦手な人」を、携帯のアドレス帳から全部削除させたし、執着してたサイトも全部削除させた。
ほら、嫌いなものほど気になるじゃないですか^^;
今はこんまり先生の本を読んでる途中なので大々的な片付けはできないので、目についた時に「いらなそうな物」は捨てるようにしました。


しかし、そこでまた考えてしまった…

自信のなさを最高潮に感じてレインドロップを受けたわけだけれど、その自信のなさはインナーチャイルドの仕業だとわかってスッキリしたものの、結局自分を愛せてないことに気付いてしまった。
「自分を愛することやすべてにおいて自信がない」→「淋しい」→「良い人ぶる」→「執着する」→フリダシニモドル・・・
どこかで断ち切らないとダメなのでは?と思って、まず良い人ぶることをやめたり、物を捨てたり、連絡取らない人のアドレスを削除させたわけだけれど、結局、鶏が先か卵が先かで「自分を愛すること」が先なのか「執着を断ち切る」ことが先のかがわからなくなってしまったのです。

何日考えてもその答えがわからず、結局ヒーラーの友人に質問してみました。
以下が彼女の解答です。



人に嫌われたくない、という思いはおそらく「自己価値の低さ」から来るものだと思います。
他人からの評価によって自分の価値を決める、というクセが、他人への執着を生んでしまうのだと思われます。
執着を解放するにつれて、本来の自分が段々見えてきます。

すると、「誰かに認めてもらわなくても自分には価値がある」という感覚が段々強くなってくるので、自分には価値があるということに気付き始めます。

「自分を愛する」と言うと、漠然としていてよくわからないし、頭で理解できるものではないので、私は「自分が自分の価値を認める」ことが「愛する」に繋がるのではないかと思います。

執着を解放しながら、本来の自分に戻りながら、改めて自己価値を発見していく、という道を私は辿っている気がします。



ブラボーーーーー!!!
そうだ、今の私はとことん自己の評価が低い。
この前の仕事のゴタゴタが原因で本当に自信を失くし、自信が全く出ず、仕事の面接を受けたくても正直怖くて前に進めないのです。
この仕事のゴタゴタの時に同僚にちょっと言われたのが原因なんですが、「そうか、私は○○なんだ…」と、もっともっと自己価値を低くしてしまってたんですね…。
そしてインナーチャイルドが反応して、「入社してもどうせバカだから私なんか役に立たない」「どうせバカだから何やってもダメなんだろう」と。
自己価値の低さとは思いつかなかった!そこが執着にも繋がるとは。


取りあえずはいらない物を捨てる、をこのまま続け、以前その友人が「執着を手放すには瞑想が良い」と聞いていたので、瞑想も久しぶりにしてみようかな。

こんなおバカな質問に丁寧に答えてくれた友人に感謝です。


関連記事
  •   09, 2012 22:03
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment