chikuraのキラキラdays

~ペットちゃんと飼い主さんの絆を深めるお手伝い~アニマルコミュニケーターchikuraの 日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

被災したワンちゃん

  24, 2012 14:13
震災からもうすぐ一年。
公園で時々、福島から来たというワンちゃん達に会います。
飼い主さんはそれぞれ違って1頭ずつで2頭。
この公園で会うだけでも2頭ということは、全国にももしかしたらたくさんいらっしゃるのかもしれません。


今日会ったワンちゃんも南相馬市から来たワンちゃんで、その方は福島の愛護団体から3頭のワンちゃんを預かったそう。
そのうち2頭は、飼い主さんが必死に探して見つけられ、無事に飼い主さんの元に帰ったそうです。
しかし残り1頭のその子はまだお迎えがないという。
「こんな東京にいたってつまんなくて可哀相なんだけどね。飼い主さんはお亡くなりになったか、諦めたかなんでしょうかね…。」と引き取ったその方が仰ってました。

しかし夏にこの子と会った時に、偶然にも勝手にリーディングができてしまったんですが、最初にその子のとてつもない悲しい感情と嬉しい感情が混じり合っていたのを強烈に感じ取り、その直後、その子がボロボロになりながら、雪の降る寒い時期に、瓦礫の中を必死に歩いて飼い主さんとご飯を探し続けていた映像が見えてしまったのです。その時の悲しい感情なのでしょう。
そして嬉しい感情は、引き取られて暖かい場所やご飯、そして温かい人達がいることだったんじゃないかと思っています。
12月頃にまたお会いした時は、その子のエネルギーは夏に会った時よりとても落ち着いていました。
そして今日はもっともっと、温かい優しいエネルギーを感じました。
その引き取った方は「東京にいたってつまんなくて可哀相」と仰いますが、その子は今幸せなんだと思います。
もちろん本当の飼い主さんが現れたらもっと幸せなんでしょう。
綺麗な首輪やリードをして、トリミングをしてもらったのでしょう、首に可愛らしいリボンをしていました(*^_^*)
(柴と何かのミックスさんのようです)


預けられた動物の飼い主さんが見つかることを心よりお祈りします。
でも…もし見つからなくても、いてもたってもいられない心優しい方達が被災した動物達を引き取ったのだから、そこに暮らし続けるのも幸せなのでしょうね。
いずれにしても、みんなみんな、幸せに生きていって欲しいです。
関連記事
スポンサーサイト
  •   24, 2012 14:13
  •  2
  •  0

COMMENT 2

Wed
2012.02.29
07:58

ころちゃん  

命ですものね

おはようございます。

この南相馬のわんちゃんのことは、とても記憶に残っていました。その後その飼い主さんのもとで愛情をかけてもらっている様子、本当に嬉しいニュースです。

まだ被災地には、保護されたペットがまだたくさんいると聞きました。どの子も幸せになることを私も心から願っています。

2012/02/29 (Wed) 07:58 | REPLY |   
chikura">
Wed
2012.02.29
15:32

chikura  

ころちゃんさんへ

いつもコメントありがとうございます!
確定申告の作業はいかがでしょうか?(^^ゞ
今日は雪で寒いですね~。

南相馬市のワンちゃんのことを覚えてて下さってありがとうございます。
このワンちゃんと会ったのは3回目なんですが、段々エネルギーや表情が良くなってるように思うし、引き取った方と最初から家族のような自然な感じに変わってきてるように思いました。
私も嬉しく思います(*^_^*)
ただ、元の飼い主さんがどうされているのかだけが気になりますよね…。
どうかお元気でいてくれたら、と願います。

被災された方達ももちろんですが、同じように動物達も幸せになって欲しいと願っています。

2012/02/29 (Wed) 15:32 | chikuraさん">REPLY |   

Post a comment