chikuraのキラキラdays

~ペットちゃんと飼い主さんの絆を深めるお手伝い~アニマルコミュニケーターchikuraの 日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

母からの手紙

  26, 2012 22:22
今日探し物をしていたら、私が一人暮らしをしていた頃の母からの手紙を見つけました。

野菜を送ってくれた時にこっそりお金を入れてくれたこと。
なかなかレモンちゃんと結婚しない私を心配してくれたこと。
一時期プー太郎して、電話やポケベルが止まり、母が心配して手紙を送ってくれたこと。

母の字は滅多に見ないからか、これを見るたびに涙がこぼれます。
私は母にどれだけ心配をかけたんだろうな。
それでも当時の私は、どんなに苦しくても…苦しいからこそ母や家族には本当のことは話せず、一人立ち向かうしかなかった。


子供は親の教師と言うけれど、私は迷惑な教師だったんだろうな。
こんな私でも見捨てず、そして信じてくれていただろう母。

きっと一生捨てられない手紙。
この手紙を見るたびに、涙と共に強く生きる決心ができます。

お母さん、ありがとう。
関連記事
スポンサーサイト
  •   26, 2012 22:22
  •  2
  •  0

COMMENT 2

Mon
2012.01.30
18:45

ころちゃん  

素敵なお母さん

涙がでるような日記。

素敵なお母さん。そして素敵な心のchikuraさんですね。

お母様にとって、chikuraさんはけっして迷惑な教師ではなかったと思います。
子供は何歳になっても親にとっては宝物。
どんな状況であっても、生きていてくれたら何より嬉しい。
そして、子供の幸せを何よりも願うのが親。

頑張っていろんなことを一人で乗り切ってきたchikuraさんは、きっとお母様にとってすごく誇りだと思います。

2012/01/30 (Mon) 18:45 | REPLY |   
chikura">
Thu
2012.02.02
16:09

chikura  

ころちゃんさんへ

こちらにもコメントありがとうございますv-352

素敵な母、素敵な心の私…だなんて(^^ゞ
でも嬉しかったです。どうもありがとうございます。
そして母にとって私は迷惑な教師ではないと言って下さったこともありがとうございました。

母が知る範囲のことで申し訳ないことをしてしまった…というのが19歳の時にありまして。。。
転職したばかりの会社がどうしても馴染めなくて、社員なのになんと無断欠席を数日やらかしちゃったんですね^^;
まだ未成年ということもあって会社から実家に電話が行ってしまい、母が電話に出たそうなんですが、専務に「お宅はどういう躾をされてきたんですか!!」と言われたそうで、母が泣きながら私に電話してきたことがありました。「悔しい、悔しい」と。
今思い出しても胸がイタイです。。。
ついでに家賃滞納してた時も不動産屋から実家に電話がいってしまい、母に怒られまして(笑)(でも自力で払いましたよ~)
ホントにちゃらんぽらんだったんですねー。
とにかく母に迷惑がいかないよう、最後の手紙をもらって以来はひたすら実家に電話がいくことがないようなことをギリギリでやってきました^^;
なのでそれ以降は真面目にやってるんだと母は思ったでしょう。でも実は大いに違っておりましたが。。。

でも、それでも踏ん張って生きていられたことだけでも良かったのでしょうか。
ころちゃんさんのコメントを読んで、命をたたずに良かったと思います。



2012/02/02 (Thu) 16:09 | chikuraさん">REPLY |   

Post a comment