chikuraのキラキラdays

~ペットちゃんと飼い主さんの絆を深めるお手伝い~アニマルコミュニケーターchikuraの 日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

今の自分にできること

  05, 2011 00:28
今日、夏に会った南相馬市から来たワンちゃんに公園で会いました。
あの時は偶然にもリーディングできてしまい、ワンちゃんの強烈な悲しみと安心感が伝わってきたけれど、今日はそれがなかった。
今日はリーディングはなかったけれど、最初に感じたエネルギーは夏よりもとても良い感じでホッとしています。
飼い主さんは元の飼い主さんが見つかるまで預かったそうですが、
『全然見つからないから、津波でお亡くなりになったのかしらね…』
と言っていました。



一緒にいたレモンちゃんは、秋頃放送された福島の現状の番組を録画してあったことを思い出し、今日私も一緒に見ました。
放送された時に私は頭だけ見たのだけど、柴犬が餓死しているシーンや沢山のボロボロになった犬達がカメラマンに寄ってくるシーンで既に号泣、これ以上見れない…見たくないと言って、レモンちゃんが録画してチャンネルを変えたのです。

今日見ても本当に胸が張り裂けそうでした。
と同時に国や東電に怒りが込み上げてくる。
いつでも動物達は後回し。
なぜ?家族の一員なのに。
福島は東電の被害を受けているのだから、ペットや家畜、そして愛するその動物達と引き離された人間達のケアをするのが当然じゃないの?
……けれど現実は悲しい現実しかない。



ふと秋にクリアリングしたことを思い出しました。
その時友人にクリアしてもらったうちのひとつが動物のこと。
私は虐待やこのような悲惨な運命にあう動物を見ると本当に苦しくて仕方ない。
僅か数秒のシーンでも涙が止まらなくなってしまう…。
だからこの番組みたいに、現実を見るべきとわかっていながらも、見なくても悲惨なことは簡単に想像できてしまうから目を背けてしまうのだ。
その時友人に、無理に見なくてもいいけど、もし悲しみに落ちてしまったら『じゃあどうしたらいいか』と光のある方にスポットをあてるべきと言われたことを思い出しました。

すぐにネット検索し、福島の被災した動物達を管理しているホームページに辿り着きました。
そこでは新しい家族を待つ犬や猫が紹介されていて、それだけ見ても涙が溢れ、やり場のない怒りが込み上げ、ついついレモンちゃんになぜか泣きながらあたってしまいましたf^_^;
引き取れるものなら引き取りたい。
けれど時間的・経済的な問題は今の私達夫婦にはクリアできない。
それが悔しくて悔しくて…。

色々見ていたら義援金の受付をしていて、既に一億超えていました。
今後月にかかる費用は500万なのだそう。
この子達に新しい家族が見つからなかった場合、命を真っ当するまでは一億では足りないのでしょうね…。

ボランティア募集もしていて、再来週からは仕事もなくなるからやってみようかと思ったけれど、公共の交通機関がないため、車がないと無理っぽい。
アレルギーがある人はNGなので、喘息持ちの私はその時点でアウト…。


となると、今私にできることは、募金することだけだ。
アニマルコミュニケーターの夢を叶えるべく、今年もお金がかかるだろうし、ミッチーのライブは暫く一本にすることに元々決めていた。
ここ数年2~3本しか行ってないけど、その分のお金を被災した動物達に使おう。
ここで生きてる私には、必要以上な無理はできないけれど、それが今自分にできることかな、と。
そして自分自身もそれを風化しないよう、その動物達が生きてる限り、募金しようと思う。
夢が叶うことが数年遅れたって構わない。
動物は無償の愛を教えてくれる、そのお礼だから。
東電を利用している申し訳なさもあるから…。
関連記事
スポンサーサイト
  •   05, 2011 00:28
  •  2
  •  0

COMMENT 2

Tue
2011.12.06
01:46

ころちゃん  

同感です

動物のこういう姿は、本当に胸が張り裂けそうです。
なんとかしたい。
今回の原発事故だけでなく、人間の勝手に巻き込まれ、
生きることさえ許されないその動物たちの姿は
トルシーを迎えてから、今まで以上に辛く感じるようになりました。

その番組を私もきっと見ていられなかっただろうと思います。
写真でカメラマンを追ってくるのをみましたが、やはり辛かった。


今日、私も動物病院で、東北で保護されている動物たちの里親や寄付のお願いのチラシを見ましたが私の出来ることは、やはり寄付しかないかなと思って帰ってきました。

1つでも多くの命が救われて欲しい。
私も心からそう願います。

2011/12/06 (Tue) 01:46 | REPLY |   
Fri
2011.12.30
14:39

chikura  

ころちゃんさんへ

いつもコメントありがとうございます!
お返事がすっかり遅くなってごめんなさい。

本当にそうですね。
原発事故だけじゃなくても、人間の都合や虐待等、目をそむけてしまいたくなるニュースですよね。
同じ「命」だというのに、なぜその命が軽視されてしまうのか。
動物はとてもピュアな生き物だから、人間が見習わなくてはならないことはたくさんありますよね。
もっともっと、これからは命あるものを大切にしていく世の中になって欲しいです。

自分にできることって少ないけれど、ころちゃんさんの仰る通り、1つでも多くの命が救われて欲しいですね。


2011/12/30 (Fri) 14:39 | REPLY |   

Post a comment