FC2ブログ

chikuraのキラキラdays
~アニマルコミュニケーションで絆を深めるお手伝い~

ペットの気持ちを伝えるアニマルコミュニケーターchikuraの日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

鍼治療 * 11回目

  23, 2010 21:16
昨日は鍼治療の日。

いつものようにまず診察台に座り、先生が手を添えながら左右の腕を挙げる。
その後いつものように肩を触る。

仰向けになった時「今頭は右と左とどちらが熱く感じますか?」と聞かれ、明らかに右が熱く感じたのでそう答えると
「やっぱり。今日は右の方が緊張してるんですよね。
 さっき腕を挙げた時もそうだったんです」と。
自分では意識してないからわからないけれど、意識するのも大切だと言われる。ん~そういうものなのかな^^;

いつもより背骨のツボ?も緊張していたらしく、いつもより太い鍼をさされる。
でも痛くない。
でもいつもうつ伏せの時は寝てしまうのに、全く寝れなかったのも緊張のせいなのか…?


仰向けになり、右手の親指・人差し指の間に鍼をさされる。
いつもなら鍼をさした後、先生はいなくなるけれど、トラウマの話になった。
その前にお腹の気をみるために先生が服をめくり『これは…?』と。
なんと私はランズナイトでかぶれてしまってお腹の一部が赤くなってたf^_^;
去年大丈夫だったのに、なぜ?
その話をしたら、いつからアレルギーを持ったかなどの話になり、やはりこれも気に関係するとか。
異物に過剰反応する、ということがよくないようで…。
気付いたのは高校卒業してから使った化粧品。
化粧品にかぶれたのが始まりで、19歳で開けたピアスで金属アレルギーに。
んー。18歳から気が悪かったのかなぁ…。


それからトラウマの話。
そうなった原因があるのではないかと言われたけれど、やっぱり私は正直に話せず「特にない」と言ってしまった。
今考えれば先生が細かく聞いてくることはなかったと思うから、「ある」と答えれば良かったのかな。
でもレモンちゃんも通ってる接骨院だし、先生は以前レモンちゃんも鍼治療に通った方がいいと薦めていたので(昨日も薦められたけど)、もしレモンちゃんが通うとなると私の知られたくないことがバレてしまうかも…という恐れが強かった。
私は一生レモンちゃんに話すつもりもないし、話さない方がいいに決まってる。
話したら間違いなく夫婦でいられなくなる。
例えレモンちゃんが受け入れたとしても、私が無理だろう。

トラウマの話は続き、他の夫婦の例なども聞いたけど、先生はやっぱりそのトラウマとなってるものを薦める。
私自身はどう思うか、と聞かれたけど答えは一つ。
「今のままがいい」
でもそれを言ったらまたトラウマの話が続いてしまうから「半々です」と答えてしまった。
これも今思えば正直に「今のままがいい」と言っても先生はツッコンで聞いてくることはなかったと思う。
例えツッコまれても正直に話す必要もないのに…。
心療内科の先生じゃないんだしね。

この話をしてる最中、私は体が硬くなってることに気付いてた。
話しても良いけど、わかってもらえないことなんかよくわかってるし、自分だって矛盾してることに気付いてる。
トラウマの話の最後も先生に「ちょっと変わったご夫婦ですよね^^;」と言われた。
別にそう言われても傷付つかない。
自分でもそう思うし友達にも言われるし、これはこれで私達夫婦の形であるから、そう言われても何も問題ない。
レモンちゃんとは仲良いし。
けれど理解してくれる人は少ないだろう。
特に男性は。

だから体が硬くなってしまった。
顔も硬くなってたのもわかってる。
先生も気付いて、話しながら硬くなった場所を触る。
だったら聞いて欲しくないけど、子供を授かるにあたって重要な話だから、話さないわけにはいかないことも私もよくわかるから、聞かないでとは言えない。
これからまた聞かれても、同じようにしか答えられないだろう。
私が治療したいのは根本的なこと(トラウマ)ではないもの。
鍼治療でどこまでできるか、だもの。
根本的なことを治したいならとっくに心療内科に行ってるし。
レモンちゃんとは今のままでいいんだ。いや、今のままがいいんだ。
でも東洋医学の考えではぶつかることなんだろう。
漢方ではそれについて指摘はなかったから、
指摘されるのは良いことなのかもしれないな。



        「矛盾」

自分でもわかっている。わかっているからこそ苦しい。
赤ちゃん待ちの人達と、明らかに私は違う。
昨日某SNSの日記を読んでいつものように悲しくなってしまった。
たくさんたくさん望む気持ちのある人が授かるんだろうなって。
私は多分、たくさんも望んでいない。
私みたいなのは、多分妊娠できないだろうなって思ってる。

昨日の先生の話を聞いてもそう思い、その後某SNSを読んだら、赤ちゃん待ちの人達と私の温度差で、更に落ち込んでしまった…。
どうして皆そんなふうに思えるのだろう。
私はただ淡々と体外受精をすることしか考えていない。
子供ができなければそれはそれでアリな人生と思うし。
子供なしでは考えられないとは思えない。
どうして皆、そんなふうに強く強く強く望めるのだろう。
トラウマによってそこが変わってしまったんだろう。
でもトラウマがなくても今と同じ自分かもしれない。

私みたいなのは、ランズにはいないんだろうな。
だから時々苦しくなる。
皆みたいに強くじゃなく望んでる私はなんなんだろうと。
子供が欲しい以前に悩んでしまうんだ…。
私みたいな気持ちをわかる人は、ランズにはいないのだろう。

早く諦められたらいいのに。
そうしたら赤ちゃん待ちの人達との温度差にも傷付かないし、嫉妬もなくなるし、お金もかからなくなるし、苦しまなくなり、きっとラクになるのにな。
誰か同じ気持ちの人はいないのかな…。


関連記事
  •   23, 2010 21:16
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment