chikuraのキラキラdays

~ペットちゃんと飼い主さんの絆を深めるお手伝い~アニマルコミュニケーターchikuraの 日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

介護

  14, 2010 17:37
20年位ぶりに年賀状友達になってる人から昨秋突然海苔が送られてきまして、こちらで皆さんに相談に乗って頂いて、その後お礼の手紙を書いて送っています。


実は昨日、その友達から突然電話が着ました。
ビックリして、やっぱり選挙が近いから!?とか咄嗟に色々考えてしまいましたが、結局そんな話は一つもありませんでした。

昨年の日記にも書かせて頂きましたが、その友達とは年賀状に近況を書く仲ではあります。
年賀状のみのやり取りになると、子供の写真だけの年賀状だったり、一言あっても「今年もよろしくね~」とかそんなものが多く、けれどその友達はいつも近況が書かれているので、それが嬉しくもあったのでずっと年賀状のみですがやり取りしてました。
10年位前に仕事を辞めて、おばあちゃんの介護をしてると年賀状にあり、毎年「大変だな…」とは思ってました。
苗字も変わってないし住所も実家なので結婚はしてないのかな?と思ってました。

昨日電話があり、何を勧誘されるのかとドキドキしてしまったんですが、変わらず私のことを下の名前で呼び捨てにして呼んでくれたのが嬉しかったんです。
8年前高校の同窓会があった時、連絡を取り合ってる人はもちろんタメ口だけれど、高校以来会ってない人はほとんど敬語だったので、かなーりショックを受けた私でした^^;
それが普通なんですかね?
女子高ってこともあるのかもしれませんが、その後1人1人今までの自分の話を紹介する時間があったんですが、「どこそこに家を建てた」とか「子供は何人いて幸せです」とか、独身者だと「独立して頑張って働いてます」とか、なんか自慢?ばっかりでちょっとガッカリしたんですよね…。
私は結婚して1年経っていて、子供もいなけりゃ自慢できる仕事をしてるわけでもなく…「フツーに働いてフツーに主婦してます」しか言えませんでした^^;

…と話はソレましたが
彼女はもちろん敬語などなく
「○○、久しぶり~!元気にしてる?引越したんだね。
 浦安に長くいたからずっと浦安に住むかと思ってたよ~」
なんて話が始まりました。
「なんで海苔?」とツッコミたかったんですが^^;彼女の話を聞くと、年賀状のやり取りをしてる人には私以外にも
海苔やお茶を送っていたそうで、たまたまその海苔やお茶が良いもので手に入ることも難しいからというのもあったようです。
…それでも若干なんで海苔なのかと思ってしまいますが(笑)
とにかく介護が大変で昼夜逆転の生活でなかなか手紙を書いたり電話をする時間もないらしく、
「おばあちゃんも今92歳だし、先はそんなに長くないから、
 いつか会おうね!それまで待ってて!」
と言ってきたんです。
ホントに時間がないみたいで、電話した時間も5分くらいです。
「○○は今専業主婦なんでしょう?優雅で羨ましいよ~」なんて言われましたが全然優雅じゃないけれど友達に比べたら私なんか大変と思うこともホントは小さいことなんだろうな、と思いました。
それくらい彼女が何か追いつめられてるような感じがしました。
何度も何度も「それまで気長に待ってて欲しい」と言われたので…。

電話を切ってから主人に話したんですが、仕事を辞め10年も介護生活をし(ご両親は働いてるらしいので、ご両親の代わりなんでしょうね)、友達と話す時間もなく、支えてくれる異性もいなく、この年齢になって色々焦ってるんじゃないか?と思ったり…。
「焦る」という言葉は悪いんですが、結婚をしてなくて「焦る」ではなく、もし介護が終わって1人になった時の「焦り」を友達は今感じてるのかと思ったんです。
彼女は私より1つ上ですが、もう若くはないです。

ここに住んでいた義伯母は介護施設に入り、今は入院してるようです。
全て義父が面倒を見ているようですが、それでも相当なストレスがあるようで、先月からよく主人は実家に帰ってます。
このマンションのことでも問題があるからというのもあるんですが、精神的にマイってる義父の話し相手になってるようで。
「その○○さんはずっと1人で全部背負ってるんだろう?
 介護終わっても順番で言ったら両親だっていずれいなくなるし。
 友達もいなかったらそりゃマイると思うよ。
 疑わないで、もし会える日が来たら会ったらいいよ」
と主人に言われました。

それでも性格の悪い私は、正直ちょっと疑う気持ちもあるんですが、それを除いて考えると、疑って申し訳なかったという気持ちもあります。
介護は大変だと思うけれど、私は介護は未経験なので本当の大変さがわかってないのでしょうね…。
反省です。
手紙じゃなくてもハガキでもいいから、
彼女にたまには送ってみようかと思いました。


関連記事
スポンサーサイト
  •   14, 2010 17:37
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment