FC2ブログ

chikuraのキラキラdays
~アニマルコミュニケーションで絆を深めるお手伝い~

ペットの気持ちを伝えるアニマルコミュニケーターchikuraの日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

鍼治療 * 1回目

  17, 2010 15:56
先日の日記に書いたように、本日鍼治療へ行ってまいりました。
10時に予約して終わったのは11時半。
問診だけで1時間くらいかかったんじゃないでしょうか。
とにかく質問が細かいのです。
「そんなん聞いて関係あるの?」ということまで聞かれます。
普段夢を見るか見ないかとか、お菓子は何を好むとか。

それで…
話を聞いてると、鍼ってただ刺すだけじゃないということがわかりました。
余りに奥が深すぎて、地球のあっち側まで行っちゃうんじゃないかってくらい深いんです^^;
不妊治療のことでも、ぜーーーーんぶ丸裸にされました。
私が正直に話さなかったら、多分治療法も変わっていったと思います。
漢方と同じ東洋医学でも、こんなにも違うのかと思いました。
私は最初、ただ刺すだけでいいのかと思ったので、正直に全部言うつもりなかったんです^^;
頭部多汗症と不妊について大きな繋がりがあり、そしてちょっと厄介なこともわかりました。

問診が終わってから、肋骨部分や骨盤・胃の辺り、あと足の裏やら指やら、それから頭を触りました。
頭を触られた時に「めまい、ありませんか?」と言われ、一昨日まで2~3日めまいが実際あったんです。
生理前かと思ってたんですか…それ以上なんだか聞けず^^;
そこで一旦舌の表・裏側を見せ、うつぶせになり、背骨を一本一本触られました。
そしてまた仰向けになり、何度も胃の辺り…アンダーバストのところでしょうか、そこを何度も触られ「ここがつかえてますね」と言われたんですけど、全然わかりません(・・;)
多分全体の気の流れを診てたんでしょうか。

そして左足の、親指・人差し指の下の骨と骨の間に一本ブスリ。
そして左手小指の下あたりに一本ブスリ。
ちょっと痛かったです。
その間何度もアンダーバストの辺りを先生が触り、何度か舌の表と裏を見せました。
自覚は全くないんですけど、そのアンダーバストの辺りを触って先生が「うん。やっと通ってきましたよ(^^)」と。

これで今日は終了です。
取り合えずその体の流れの状態を調べてからじゃないと、婦人科系はできないんだそうです。
同時にやってもいいけれど、わかりにくくなるのだとか。
次回は金曜日です。
ちなみに効果はまだわかりませんが、でも続けてみたい!と思いました。

あと、私は足先が冷え易いので足湯を薦められました。
先生に言われたのは、
「よく足湯しながら本読んだりテレビ見てる人いるけど、
 あれ、足湯やってる意味全然ないんですよ。
 だから足湯をする時は目を閉じてリラックスして下さい」
と言われました。なるほどー。
足を温めても頭に気を持っていってはいけないってことですね(*´∇`*)



帰り、また私の悪いクセでアレコレ考えてしまいました。
私が頭部多汗症になったのは26歳。
この時生活環境が変わってしまい、あることに対して考え方もガラリと変わってしまいました。
今でもそれは強いトラウマとなって治りません。
いや…治すつもりがないと言った方が正しいかもしれません。
仕事をやめて頭部多汗症も治るかと思ったけれど治らない。
先生が言うには、なった時と今は病理が違うから治らないのでしょうと言われ、私はかなーーーーり納得しました。

去年占い師の友達に会った時にもこのトラウマの話をしたんですが、やっぱり頭部多汗症と強い繋がりがあり、お腹に気を持っていけば頭の汗は治ると言われたんです。
その事を思い出して友達にメールしたんですが…。
相変わらず友達とはテレパシーで繋がりやすいのか、「やっぱねーさんからメール来ると思ってましたよ~」と言われました(^^ゞ
昔からお互いメールする時になんとなく感じます。
で、友達から
「トラウマ解消にはヒーリングがお薦めですよ。
 ヒーリングは思い癖や過去のトラウマを解消していくツールで、
 なんとなくねーさんにとって必要な気がしました。
 いらないものを解放していくと、
 自分の行く手をブロックしていたものがはずれます。
 するとねーさん本来の輝きを取り戻し、
 必要なことは必要な時に自然に起こるようになります。
 ヒーリングも続けていくことで変容をもたらすので、
 1回やって全て解放できるわけではないです。
 今すぐでなくても、お手伝いできる時がきたら
 いつでも呼んで下さいね!」
と返事が来ました…。

んー。やりたいのは山々です。
けれど金銭的な問題もあるし、このトラウマは主人も知らないし、何より解放されるのがとても怖い…。
私が信じてたものが正しいとは思わないけれど、覆されるのが怖い。
けれど鍼から帰ってきてこのトラウマのことを考えているせいか、なぜか涙が止まりません。
悲しくて泣いてるんじゃなく、感情とは別のところで心が泣いてるようなそんな感じです。
私の中の知らない私が「解放してくれ!」と言ってるのかな。
そんな感じもします。

まさか鍼治療でトラウマのことに行き着いてしまうとは…ちょっとビックリな1日でした。


関連記事
  •   17, 2010 15:56
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment