chikuraのキラキラdays

~ペットちゃんと飼い主さんの絆を深めるお手伝い~アニマルコミュニケーターchikuraの 日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

2日間の家族会議

  14, 2010 20:40
昨日一昨日と主人と会議をしました。
先日日記に書いた鍼と漢方のことで。
主人としては、1年半も漢方薬を飲んでるのに私に効果があらわれてないようにずっと思ってたらしいです。
改善された点は、ホルモン数値(今はわかりません)と過敏性腸症候群の下痢。
それ以外は冷えも頭部多汗症も治っていません。
私自身、漢方を飲むことに疲れを感じ、先生から「早く体外受精を!」という無言のプレッシャーにかなりの疲れを感じてたことを主人に正直に話しました。

だったら鍼に変えよう!
と思ったところで、私が不安なのは数値。
漢方を飲む前は、FSHが高く体外受精ができない状態だったけれど、飲んですぐに改善されました。
その後生理周期がやや乱れ出し、「なぜ漢方でそれが改善できないのだろう?」という疑問もありつつ、数値が元に戻る不安が大きかったです。
一昨日は結局ここまで話し合って結論が出ず、昨日は主人の帰宅も早かったのでもう一度話し合い。

結局、接骨院の担当の先生に全てを話し、鍼でも得意分野などがあると思ったので、鍼の先生は接骨院の担当先生の判断に任せてみようか?となりました。
保険内であるか探すべきかと主人にも話したんですが、知ってる人からの紹介の方が安全ではないか?ということになりました。
もし不妊症の鍼が余りにも高かったらまた考えよう、と。


そして今日接骨院へ。
鍼でも得意分野があるのかと先生に聞いたらやっぱりあるそうです。
「あのね、生け花とかお茶とかの世界に似てて、○○流じゃないけど
 そういうのあるみたいよ。僕達は鍼はやらないけど、
 chikuraさんみたいに鍼のことなんかを聞いてくる患者さんもいるから、
 お昼に勉強会やってるのね。おもしろいんだよねー、東洋医学って。
 気の流れを変えたりとかなんか色々あるんだよ」
と教えてもらいました。
で、本題に入り、私達夫婦が不妊治療をしていること、1年半前から漢方薬を飲んでいて余り改善されてない話をし、もし鍼が効果があって漢方より安く済むなら切り替えたい、という話をしました。
「んー。漢方は効かないとか合わないって話はよく聞くよね。
 それで高くて続かないっていうのもあるみたいだけど。
 鍼はそんなに高くないんじゃないかなぁ」
と言って、得意な先生を探しに行ってくれたんですが、ちょうどお昼近くだったのでお昼にあがっちゃって不在。

結局、来週月曜日に予約を入れ(保険外治療は予約のみ)、その日は一応“のぼせ”の治療で、その時に先生に不妊の鍼はどのくらいの頻度で通うのか?などを詳しく聞くということになりました。
「あとで○○先生に不妊症のこともちゃんと話しておくからね。大丈夫だよー(^^)」と言われてなんだかホッとしました。
でもうっかり先生が男性か女性か聞くのを忘れ、HPの先生紹介を見たら男性でした^^;
まぁ先生がお薦めする先生なので期待しようと思います。
良い先生だといいな。

他にも色々と先生から漢方についても話を聞いたんですが、なんかもう漢方に拘らなくてもいっか、という気になってきました。(いまのところ)
取り合えず月曜日に行ってみて、良さそうだったらもう来週木曜日の漢方のカウンセリングはキャンセルしようと思います。

あんなに拘っていた漢方。
これも「変化」ですね。
良い変化でありますように。
関連記事
スポンサーサイト
  •   14, 2010 20:40
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment