FC2ブログ

chikuraのキラキラdays
~アニマルコミュニケーションで絆を深めるお手伝い~

ペットの気持ちを伝えるアニマルコミュニケーターchikuraの日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

晴れたり曇ったり

  07, 2010 18:19
今日のお天気は、今日の私の気持ちと同じです^^;


昨日漢方薬局のカウンセリングへ行き…珍しくメチャメチャ落ち込んで帰ってきました。
昨夏からなんとなく基礎体温にバラつきがあり、周期が短くなったり不正出血があったり、今は不妊治療はお休み中なのでホルモン数値はわからないけど、自分の体の変化はなんとなくわかってます。

インフルエンザに罹った時も、今回ギックリ腰をやった時も漢方薬を飲めなかったせいか基礎体温が乱れました。今回は特に酷い。先生に
「漢方を飲まなかったら私の年齢ではこうなるんですか?」
と恐る恐る聞いたら
「年齢的なものもあるけど、病気やそのストレスも関係するよ」
と言われ、ちょっとホッとしました。
けれど薬をもらう時に薬剤師さんが、「今回漢方薬の力の凄さがわかりましたよね~(^^)」と言った何気ない一言にグサッときてしまいました。
「漢方薬飲まなきゃ維持できないんですね」と言われたような気がして。

また体外受精はするかもしれないけれど、基礎体温が乱れ出してから、うまく行く気が全くしてないんです。
1回目の体外受精は、1つだけ正常受精し胚盤胞まで育ってくれて、移植したけれど失敗。
このころ勉強不足だった私は、当たり前に採卵ができて、当たり前に移植ができると思ってました。
しかし2回目では採卵の時点で卵がダメだったと言われ、なんのために毎日痛い注射を我慢したのか、なんのために大金払ったのか…などなど考えて頭が真っ白になり、泣いて泣いて泣きまくりました。
この時年齢的にも体外受精の難しさを知りました。
加えてこの病院で、少し休みたいと言ったら医師が逆ギレし
「あんたみたいな年齢の人が休みたい?やる気あんの?
 あんたみたいな年齢の人はこっちも
 気を遣わなきゃいけないから大変なんだ!」
と長々と年齢のことでドクハラに遭い、悲しみのどん底でした…。
3回目は無事2つ卵が採れたけれど、正常受精ができなかった。
培養士さんに聞いたら、全ては卵の質が原因と言われ、それでまた年齢のことで落ち込んでしまいました。

あれからもう1年ちょっと経ちますが、自分の体の変化に気付き、もう何をやってもダメなんじゃないのかな?と思うようになってました。
私の年齢ではもう厳しいです。
若い人から見たら無謀に思われてるんじゃないかと思ったり。
10年前の私なら、今の私と同じ年齢の人が子供を望んでいたら「ムリじゃん」って思ってたと思います。
被害妄想もあるのかもですが、誰もが「ムリ」って思ってるんだろうな、と。

そんなことを考えてばかりの1年だったり、今回の基礎体温が酷かったせいもあり、昨日の薬剤師さんの一言が
余計に胸に突き刺さってしまったんです。
たまたま私が凹んでたから傷付いただけで、薬剤師さんは悪くはないんです。


・・・・ここまで曇りの話で、ここからは晴れの話・・・・・


先週アレルギー科の先生に、GW明けに来るよう言われていたのでさっき行ってきました。
先生は女医さんで、お薬を出してもらう時にいつも「お子さんがお腹にいる可能性は?」と聞いてくれるんですが、いつもキッパリスッキリ「ないです!」と言います^^;
今日は患者さんも私しかいなかったせいか、先生も喘息について細かくお話して下さり、最後何のお薬を使うか話して頂いた時に
「あ!でも飲み薬はお子さん望んでらっしゃるなら吸入に変えるわよ?」
と言われ、うちはもう体外受精(または顕微)しか方法がないのでどう先生に言ったらいいのかわからず
「いや~望んでないというかなんていうか・・・」と言ったら
「なにおっしゃるの~。まだわからないじゃな~い(^^)」
と明るく笑顔で、珍しく何度も言われてちょっとビックリ。
先生は当然私の年齢知ってますしね。

んー。
確かに漢方薬局に通ってる方で、48歳で初妊娠された方もいるので、可能性がないわけじゃないのはわかってるんですが、あんなに明るく言われると「はーそうですね」と言ってしまいますね^^;
なんか色々考えてモヤモヤして悲しかったんですが、今日は先生に、曇りだった私の気持ちを晴れにして頂きました。
まだ快晴とは行きませんが。


諦めたら夢はそこで終わりだけれど、でも、頑張っても頑張っても、どうしても叶わない夢はある。
だから先々のことも、きちんと考えて行かねばと思いました…。

関連記事
  •   07, 2010 18:19
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment