FC2ブログ

chikuraのキラキラdays
~アニマルコミュニケーションで絆を深めるお手伝い~

ペットの気持ちを伝えるアニマルコミュニケーターchikuraの日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

今日の漢方薬 ~寝起き~

  18, 2010 17:05
今日は漢方薬局でのカウンセリング日でした。

前回のように不正出血もなく、珍しく高温期の体温の上がり方も良く、あとはこの高温が長めに続いたら…という感じです。
今年に入って、胃腸風邪2回とインフルエンザに罹り、その後不正出血と、余り良い状態でなかったので、先生も「今回は良い調子だね(^^)」と言ってました。


「特に変わったことはない?」と聞かれ、下痢もないし、ただ気になるのは朝起きれないこと(笑)
一応低血圧であることを伝え、朝起きれないことを話してみました。
低血圧は血の巡りが悪いから、寝起きと全く関係なくはないそうですが、「リズム」が大事と言われました。

先生は中国にいた時(大学病院の先生でした)、あちらは病院の診察が7時半~8時から始まるので、夜は9時~10時に寝てたんだそうです。
けど日本に来てからは、朝は7時半に起きればいいから寝るのは午前1時なんだとか。
そのリズムのまま中国に帰ると、同じ時間にやっぱり寝たり起きたりするので、
「家に帰っても、お母さんは朝早くて夜寝るのも早いし、
 私は朝遅くて夜遅い。
 だからいつもすれ違いで、よくお母さんに
 “あんた、何しに帰ってきたの”なんて言われちゃうよ~ははは」
って言ってました^^;
要するに早く起きるなら早く寝る、という習慣をまずつけましょうと言われました。
確かに、夜暇にしてても、いつもの寝る時間まで起きてようって思っちゃいますもんねー。

でもここのところ主人の帰りはほぼ11時過ぎだから、いつも寝る時間の11時半にはお布団に入れず、寝るのは12時半~1時。
でも主人はちゃんと起きるのに…。
先生に話したら「緊張感の違いよ~(*´∇`*)」って笑われちゃいました。
その通りです。私は働いてないから緊張感ゼロです(笑)

最近主人に「起きるのが遅い」と指摘されるので(それでも朝食作りには間に合うんですが)かなーりプレッシャーになってます…。


あとは、いつ実家の引越しの手伝いに行くのか予定が立っておらず取り合えず後半1週間分だけ顆粒タイプの漢方薬にしてもらいました。

最近、治療もしてないしプラセンタが高いので(1瓶15000円位)ケチって余り飲んでなくて減っておらず、ようやくなくなりそうなので久しぶりに買いました(^^ゞ
帰りは重かったです。
そして帰りの電車で1時間もグースカ寝てたので、余計疲れてしまいました…。帰宅しても猛烈に眠いです…。



●本日の会計…26,383円(14日分)

●最初の7日分(高温期)
【補中益気湯】…元気がなく胃腸の働きが衰えて疲れやすいものの次の諸症:虚弱体質、病後の衰弱、食欲不振、ねあせ
【山薬】…口渇、尿利頻数または減少、腰痛、下腹部の弛緩または緊張あるいは煩躁、短気などを目標とし、萎縮腎、尿毒症、動脈硬化症、高血圧、脳出血、性的神経衰弱、遺精、早漏、掻痒性皮膚炎などに用いる。
【淫羊藿】…血流増加を促し、新陳代謝を盛んにして疲労回復、滋養強壮に効果をあらわす。
【麦門冬】…体内の津液を補い、口渇を止め、陰虚発熱(血虚や津液不足により発熱したり、機能亢進すること)による寝汗を治す。
手がほてり、唇の乾燥がありホルモンの失調やバランスの維持不能症で血行不良による冷え性を起こし冷えのぼせにあるものに用いる。

●次の7日分(低温期)顆粒タイプ
【十全大補湯】…病後の体力低下、疲労倦怠、食欲不振、ねあせ、手足の冷え、貧血
【参苓白朮散】…下痢、腸カタル、大腸カタル、消化不良

●輝精水(プラセンタ)…毎夜20ml
関連記事
  •   18, 2010 17:05
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment