FC2ブログ

chikuraのキラキラdays
~アニマルコミュニケーションで絆を深めるお手伝い~

ペットの気持ちを伝えるアニマルコミュニケーターchikuraの日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

変化と腹白

  24, 2010 12:05
昨日のお話の続きになります。
まだ頭の中こんがらがり中で、全然整理できてないのですが^^;



昨日占い師&ヒーラーの友達とお話した中で、テーマがタイトルの通り、「腹白」と「変化」でした。


まず「腹白」。

去年友達に会った時に「腹黒はやめた方がいい」と言われておりました…。
腹黒って三倍返しになって返ってくるそうです。
主に風の星座は腹黒い人が多く、私、表の星座も裏の星座も風の星座で強烈な腹黒です(笑)(表・水瓶、裏・双子)
彼女も水瓶座で元腹黒仲間だったんですが、黒を経験したからこそ、白がどんなに素晴らしいかを教えてもらいました。
なんで黒がなかなかやめられないか。
ただ単に楽しいんですよね^^;(性格どんだけ悪いのか…)
けれど白でいた方がもっと楽しくて、生きていくのがラクになるそうなんです。
疑う気持ちも、相手の言葉の裏をかくこともなくなるそうです。
確かにそれって疲れないですよね。

色々私が話した中で彼女は
「トータルして考えると、ねーさんはもう黒を卒業するタイミングが今なんだと思う」と言われました。
淋しいけれど、すぐには無理だから腹黒から腹白になる訓練をこれから少しずつしていこうと思います。
それにしても三倍返し、それはあるかもなぁと思います。
三倍返しは体調にも現れるらしいです。
結局周囲にいる人は「自分の鏡」ってことと通じる話なのでしょうね。



そして「変化」。

この5年間ほぼ毎年大きな変化があって、毎年疲れております(笑)
私のことをよく知る友達にも
「chikuraちゃんってここんとこ毎年何かビッグなことがあるよねー」と言われるくらいです^^;

最初の1年目は、20年苦しんできたことにようやく光が差してきたこと。
その間の20年はもう絶望でしかなく、将来のことなんか考える余裕もなく、ただ毎日を生きるのが精一杯でした。
未来を描けず毎日生きるのが精一杯って結構不気味な生活になります。
でもこれは良い「変化」。
けれどその間に洗脳されてるものは凄く多いです。
これは洗脳というか私の「思いこみ」でもあります。
(ちなみに宗教にハマったとかではないですよ^^;)

そして2年目、無事仕事を辞められました。
このご時世に仕事を辞めるって悪いことなんでしょうけど、私にとってはかなり良いことで、前年に続き良い「大変化」でした。
仕事を辞めてから、余りに良い変化に脳みそも体もついていけなかったのでしょう、燃え尽き症候群みたいになってしまい、「食欲以外の欲なんて人間に必要あるのだろうか?」なんて考え続け、2ヶ月くらい本気で出家を考えていたんです。
今思うと笑っちゃいますが^^;
考え過ぎて5キロも痩せたくらいです。
ところが大腸内視鏡検査をしたら、余りの痛さに「出家したい」なんて考えてたことが一気に吹っ飛びました。
私らしい笑えるきっかけです(笑)
ありがとう、大腸内視鏡よ(-人-)
(検査は、私が出家願望を抱く前に予約しておりました)

その後その年は上京して一番幸せだった一年です。
平凡に暮らせる毎日が幸せで幸せで、過ぎていく季節に日々感動し、幸せ過ぎてよく1人泣いてたりしました^^;

が、3年目に不妊治療の開始。
以前日記に書きましたが、それまで子供を作ろうと思ったことがないので、私にとってはかなりの決意で大きな変化でした。

そして4年目には、「死」と「病気」について考えさせられた年です。
8月に大切なペットが死に、12月にかけがえのない友達が亡くなりました。
秋には姉と別の友達が亡くなった友達と同じ子宮頸癌になり、結構後半は辛い日々でしたね…。
命について考えさせられ、亡くなった友達は命を閉じたのに、同い年の私は新しい命を作ることに戸惑って不妊治療してることがよくわからなくなりました。

そして5年目の昨年、まさかまさかの引越し。
21年も住み慣れた浦安を離れて、今の土地に強制的に引越しとなりました。
そして苦手だった犬を飼ったというのも私の中では大変化です。
一生犬を飼うことなんかないって思ってましたから…。


なんでこんなに変化があったのか。
↑に書いたように、20年絶望の中で生きてきた自分にとって、平凡に生きるということが本当に幸せで、もう変化も刺激も何も欲しくないって思ってたんです。
だから正直、不妊治療が成功したらどうしようという気持ちもあったり…。
おばあちゃんみたいな心境で、余生を穏やかに暮らしたいって気持ちが大きいんです。
それは今でも。
ところが彼女が言うには、安定にしがみついていると、それを壊すかのようにドカン!と変化がやってくるんだそうです。
変化の波にいかに乗れるかで、その後の運気が変わるのだそうです。
変化を嫌がって頑なに安定にしがみつくと、エネルギーの流れが止まってしまうそう。


でも私、やっぱりもう変化は嫌だし、かと言って変化に対していつまでもグチグチ言っていてはいけないと思い、受け入れてたつもりですが、やっぱり受け入れてなかったのでしょうね。
彼女が言うには、上から使命が来ているのに、それを私が受け取れてないようで…。
かなり重要な使命らしいのですが。
どうすればいいのか聞いたら、とにかく「私は何をしたらいいのか?」と問いかけることがいいそうで、昨日の日記に書いたように、頭のてっぺんに花を乗せ、その花びらを一枚一枚めくるイメージをすると、答えが降りてきやすくなるんだそうです。
手っ取り早く知る方法として「使命リーディング」を受けるのがいいみたいですが、彼女はこのリーディングはできないそうで、知り合いができるそうなんですが、90分2万円(@_@;)
そんな大金払えないので自力で気付くしかないかと^^;
八方塞になったら受けるかもしれませんが…。


早くこの「使命」がなんなのか知りたいです。
でないとまた大きな変化がやってくるのも嫌だし、ぬるま湯大好きな私は、時間と共に考えるのが面倒になっちゃいそうです(-_-;)
けど、ずっとぬるま湯に浸かってても大きな変化がない人もいるし、なんで私?と聞いたんですが、この腹黒さから見ても、私は地球人歴が長いからだそうです。
あ、すみません、この辺はスルーで構いません(笑)


あとは女性性も大切にするといいそうです。
なんでも一度「受け入れる」といいらしいです。
これ、結構難しいですよね…感情がありますから。
手っ取り早く、街頭で配られるティッシュやチラシなんかも一度全部受け取るのも練習になるそうです。(直後に捨ててOK)
昨日新宿で会ったんですが、帰りはティッシュだらけになりました(笑)


あとインフルエンザはDNAの書き換えをするともオカルト仲間の間で言われてるそうです^^;
生まれて初めて先日インフルに罹った私。彼女は
「やっぱり何かやらなきゃダメなんですよ。ここまで色んな変化があって、〆に人生初インフルですから!」
と言われました。ふむ~~~。



受け入れる。
友達が亡くなったことをまだ受け入れきってない私は、やっぱり何か執着が強いのでしょうね。
他のこともそうですが…。
だから前に進めないのかもしれません。
捨てるのも苦手だし。
だから引越しだったのかなぁ、と昨日ボンヤリ考えていました。
何か自分の中の生まれ変わりのタイミングが今っぽいのは昨日の話で漠然とわかってはきました。


すみません、全然まとまっていません。
また書き直すかもです・・・・。
変なお話なのに、最後まで読んで下さってありがとうございました。
関連記事
  •   24, 2010 12:05
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment