chikuraのキラキラdays

~ペットちゃんと飼い主さんの絆を深めるお手伝い~アニマルコミュニケーターchikuraの 日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

病院&公園

  01, 2010 13:05
木曜日の夜、小藤の右耳の先にゴミみたいな物がついていたので取ってみたら・・・・・・毛が抜けてしまいました\(◎o◎)/
よく見ると、耳の付け根辺りも同じように何かついていて取ってみると毛が抜ける…。
耳の先は直径5mm程度、付け根辺りは1cm程度。
帰宅した主人に話すと、義実家の家の犬も似たような事があり、病院にかかるのが遅くて耳が立たなくなったと言うので翌朝慌てて近くの動物病院へ行ってきました。

引越して間もなく、時々犬雑誌に出てくる病院が近所にあったのを見つけ、何かあったらそこに行こうと思ってました。
そこそこ有名病院のようなので、通るたびに見ると混雑してるので3時間覚悟で行ったら1時間半くらいで終わりました。

院長先生に見て頂き、しもやけ(のようなもの)か真菌の疑い。
ただしもやけだと血が出るらしく、小藤は血は出てはなかったので真菌の可能性大らしいです。
耳をかいた時かき壊して、そこから菌が入ったのではないかと…。
培養検査に出してもらったので、ハッキリわかるのが10日~2週間後。

診察中はちょっと大変でした。
一番最初にかかった市川市の病院で、嫌がる小藤に無理矢理口輪をしようと30分近くもバトルし、結局口輪もできず詳しい検査もせず飲み薬を出され、その時のバトルがかなりトラウマになってます。
先生がちょっと耳に触れようとした瞬間小藤が暴れ、「以前どこかの病院でかなり嫌な目に遭ってます?」と聞かれ、最初にかかった病院の話をしました。
口輪を見た瞬間やっぱり怒ったので、先生がすぐ紐に変更。
上手く結べたものの小藤が手でそれを取ってしまうので、5分のバトル後休憩しました。
「それにしてもこの子は負けないなぁ~(^O^)」と笑われてしまいました。
その時小藤は「もうヤダよ!ママ助けて!」と言わんばかりに診察台の上で立ち上がって私に抱きつきペロペロ。
その瞬間先生が「今だ!」とハサミでハゲた部分の近くの毛をチョキリ^^;
でもすぐ気付かれちゃったので、先生が首の皮をグイッと引っ張って、今度はもう一つのハゲの近くの毛をチョキリ。
「最初からこうすれば良かったね~(^^)」とまた笑われてしまいました。
首の皮をグイッと引っ張られた時の小藤の顔が歌舞伎役者の顔みたいでした^^;

市川市の病院がヤブだと聞いてから浦安市内の病院に転院し、そこで先生に外耳炎だと診断されました。
柴犬は一度外耳炎にかかるともう治らず、高温多湿な季節になると症状が出ると聞いていたので、先生にその話をしたら
「ん?外耳炎が治らないってことはないよ。柴犬はなりやすいけど、慢性的なものじゃなきゃ治ります」と言われ、
小藤の耳の中も見てもらったら「もう治ってますよ!」と。
結局その前日までお薬はしてたので、洗浄だけはしていいけどお薬をストップするよう言われました。
ん~~~。結局浦安の病院もヤブだったのか……???

次の診察は今週土曜日。
午前中は凄く混むから、近所なら午後がいいよと言われ、今度はその日に行きます。
あと殺菌シャンプーも効果があるらしいのでそれを買って帰ってきました。
帰宅した小藤はぐったり。
こふちゃん、よく頑張りました(*´∇`*)


けれど翌日、インターホンとピクチャーレールの追加工事でずっと職人さんとリフォーム屋さんがいて、小藤も2日連続で疲れちゃったようで、昨日は念願の?善福寺公園に連れて行きました。
地図で見ると、うちから善福寺川緑地よりも遠いので自転車に乗せて行ってみました。
自転車で15分はあったかな…?
公園に着いて嬉しそうにはしゃぐ小藤。
すぐ同じ豆柴さんに会いました。
その豆柴さん、「センパイ」ちゃんという名前でした(*´∇`*)
3歳なので小藤より先輩のセンパイちゃん(笑)
また会えるかな。
でも今朝いつもの川沿いを散歩してたら、黒豆柴さんに会いました。
意外と多いのかな?豆柴。
あ、善福寺公園はとっても綺麗でした。


こちらはお昼ご飯を食べようとしたら「グヘーグヘー」と奇声をあげて歩いてたアヒルにビビってる小藤。(真ん中辺りにアヒル)
2010-2-1.jpg


こちらはベンチの下にいた別のアヒルちゃんとこんにちは。
2010-2-2.jpg


池をバックに。
2010-2-3.jpg


しっぽ。
2010-2-4.jpg


関連記事
スポンサーサイト
  •   01, 2010 13:05
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment