FC2ブログ

chikuraのキラキラdays
~アニマルコミュニケーションで絆を深めるお手伝い~

ペットの気持ちを伝えるアニマルコミュニケーターchikuraの日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

今日の漢方薬

  28, 2009 16:08
1週間の帰省が入ってしまったため、今日は久しぶりの漢方薬局でのカウンセリング日でした。

引越日の話をし、新居へ行って落ち着いてからではないと治療に入れないため、今回も特に注意する点もなく、いつも通りの周期療法です。


●本日の会計…34,666円 (17日分)

●最初の11日分(高温期)
①八味地黄丸…疲れやすくて、四肢が冷えやすく、尿量減少又は多尿で時に口渇がある次の諸症:下肢痛、腰痛、しびれ、老人のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみ
②白朮…発汗作用があり、特に前額部の痛みに用いる。止痛作用があり、頭痛や歯痛、筋肉痛に用いる。排膿作用があり、化膿性の疾患に用いる。消炎作用があり、婦人の帯下に用いる。白朮は、胃を強くして食欲を促進させる作用が強い。
③莬絲子…記載なし
④イカリ草…血管の老化防止や筋寓の過度の緊張をやわらげる作用もあり,補精・強壮薬として用いる。女性には,更年期の訪れを遅くし,美顔効果も期待できる。

●明日外出するため、1日分の粉薬
①十全大補湯…病後の体力低下、疲労倦怠、食欲不振、寝汗、手足の冷え、貧血
②八味地黄丸

●次の6日分(低温期)
①当帰芍薬散…比較的体力が乏しく、冷え性で貧血の傾向があり疲労しやすく、ときに下腹部痛、頭重、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴える次の諸症:月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、産前産後あるいは流産による障害(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)めまい、頭重、肩こり、腰痛、足腰の冷え性、しもやけ、むくみ、しみ
②桂枝…血行をよくし、副交感神経の緊張を正常にする。芳香性の健胃薬で胃壁を刺激して胃酸の分泌を盛んにする。
③茯苓…心臓に効きながら二次的に非生理的水分の排水を行う強心利水剤となる。消化不良の胃によくみられる水分の停滞を胃を活発にしながら取り去る。副腎皮質を刺激しホルモンの分泌を促す。
④香附子…通経、浄血、鎮痛薬として月経不順、月経痛、神経痛、諸種の腹痛などに応用する。

●輝精水(プラセンタ)…1瓶


関連記事
  •   28, 2009 16:08
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment