FC2ブログ

chikuraのキラキラdays
~アニマルコミュニケーションで絆を深めるお手伝い~

ペットの気持ちを伝えるアニマルコミュニケーターchikuraの日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

今日の漢方薬 ~ 奇跡 ~

  05, 2009 18:05
今日は漢方薬局でのカウンセリング日。
引越しもあるので暫く治療はお休みのため、そして基礎体温表にも今のところ問題はないので特に注意する事などは言われませんでした。
今月15日から21日か22日まで実家に帰る事になったので、その間は粉のタイプにしてもらいました。


それよりも(?)ちょっとビックリなお話。
先生とカウンセリングが終わってから、いつも大体同じ薬剤師さんからお薬の説明をしてもらったり、基礎体温表をここでも見てもらうんですが、その薬剤師さんのお腹が大きかったんです。
「あれ?いつから?(@_@)」と思って聞いたら、なんと9ヶ月。
私なんで今まで気付かなかったんだろう(; ̄ー ̄)
お話する時はいつも座ってるので、机で見えなかったからかな?
それにしても9ヶ月もの間、全く気付かない私って(汗)
(今日は薬剤師さんが立ってる姿を見て気付きました)
思わず嬉しくて「おめでとうございます!!!」と小さく拍手しちゃいました(^^ゞ

それから薬剤師さんが、「実はうちも大変だったんです…」とご自身のお話をして下さいました。
その薬剤師さんのご夫婦は結婚して4年で、なかなか子供が授からず、病院で調べてもらったら、ご主人に問題があったようです。
精子量も少なく、運動率も悪く、奇形率も高い。
先生に「可能性はゼロに近いから、顕微授精しか方法がない」と言われていたそうです。
その後ご主人に漢方薬を飲ませたり、食事に気を付けたり、風邪をひかせないようにしたり、お仕事がSEなのでそうでなくても電磁波の影響もあり携帯電話は必ずバッグに入れるようにしたり、0時前に寝かせたりなど、かなり頑張っていたそうです。
でも疲れちゃって「取り合えず顕微授精をするお金を貯めよう!」と開き直った矢先にできたそう。
ここまで聞いた私は、

  「ソレハ アナタガ ワカイカラ デキタンダヨ…」

とちょっと意地悪に思っちゃいました。
私も色々調べているけど、男性不妊でも女性が若くて問題なければなんとかなるとよく言われてます。
女性は問題がなくても、ある程度年齢がいってしまうと卵の質も落ちてしまうし、子宮年齢・卵子年齢も上がってしまう。
要するに畑が良くなければダメだということ。

私の心の声が聞こえたんじゃないかと思ったんですが、すぐに薬剤師さんに、
「でもね、chikuraさん。うちに通ってる方で、子宮頸癌をされた方と卵管閉塞の方が最近妊娠されたんですよ!奇跡は起こるんです!」
と言われてビックリしました。
さっきの私の意地悪な気持ち、すぐに反省しました…。
男性不妊で女性が若くたって、随分悩まれたでしょうし。
それにしても本当に奇跡って起こるんですね。
子宮頸癌をされた方や卵管閉塞の方が妊娠されて、やっぱり可能性はゼロじゃないのかな。
私は年齢が最大のネックなので、そんな私にも奇跡は起こるかな。

最後に薬剤師さんに、
「うちは色んな事をやったからどれが効いたのかわからないけど漢方飲んでから旦那の数値も少しずつ良くなったんですよ。
その頸癌をされた方や卵管閉塞の方も漢方を続けて体が温まったのが良かったのかも。
こう言ったら押し付けですけど、漢方ってやっぱり凄いと思います(^^)」
と言われました。

確かに…。私も漢方を飲むきっかけになったのが、1回目の体外受精でホルモンバランスを崩してしまい、いつまでたってもE2の数値が悪くそれだと体外受精はできないので、毎月見送ってたんです。
けれど漢方を飲んで1週間して検査をしたら、E2が正常値になって。
なので私自身、漢方の力は凄いと思っています。

薬剤師さんは来週から来年9月までお休みに入るそうで
「その頃にはchikuraさんとお会いできないといいですよね。でも奇跡が起こったらお店に報告して下さいね。その時は私もお祝いに駆けつけますから(*^_^*)」
と言われました。
皆さん、優しいです。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。

いつか私にも奇跡が起こるといいな。



●本日の会計…17,834円 (22日分)

●最初の8日分(高温期)
①八味地黄丸…疲れやすくて、四肢が冷えやすく、尿量減少又は多尿で時に口渇がある次の諸症:下肢痛、腰痛、しびれ、老人のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみ
②淫羊かく…強壮、強精、インポテンツ、腰膝軟弱にすぐれた効果あり。精液分泌促進作用あり。血流増加を促し、新陳代謝を盛んにして疲労回復、滋養強壮に効果あり。
③続断…腰や下肢の筋力低下や疼痛に用いる。

●次の8日分・粉タイプ(高温期~低温期)
①当帰芍薬散…比較的体力が乏しく、冷え性で貧血の傾向があり疲労しやすく、ときに下腹部痛、頭重、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴える次の諸症:月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、産前産後あるいは流産による障害(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)めまい、頭重、肩こり、腰痛、足腰の冷え性、しもやけ、むくみ、しみ
②参苓白朮散…下痢、腸カタル、大腸カタル、消化不良

●最後の6日分(低温期)
①六味地黄丸…疲れやすくて尿量減少又は多尿で、時に口渇がある次の諸症:排尿困難、頻尿、むくみ、かゆみ
②党参…補血、補気作用があり、胃腸の機能を高めて、消化吸収を促す。食欲がなかったり、お腹が張る、下痢気味。
③白朮…発汗作用があり、特に前額部の痛みに用いる。止痛作用があり、頭痛や歯痛、筋肉痛に用いる。排膿作用があり、化膿性の疾患に用いる。消炎作用があり、婦人の帯下に用いる。白朮は、胃を強くして食欲を促進させる作用が強い。
④五味子…気管支の機能が衰えて咳き込みのきついものや胃が悪くて体内の不良水分が滞り咳があるものの鎮咳を行う。
⑤麦門冬…心臓が虚弱な人の去痰・鎮咳・咽喉不利・肺部の苦しみをらくにする働きがある。体内の津液を補い、口渇を止め、陰虚発熱(血虚や津液不足により発熱したり、機能亢進すること)による寝汗を治す。手がほてり、唇の乾燥がありホルモンの失調やバランスの維持不能症で血行不良による冷え性を起こし冷えのぼせにあるものに用いる。不眠・心悸亢進・感情不安定に用いる。上半身の気の焦りにもかかわらず下半身が衰弱したもので、上下の調和を失って、主として泌尿器に症状を現しているものに用いる。
関連記事
  •   05, 2009 18:05
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment