FC2ブログ

chikuraのキラキラdays
~アニマルコミュニケーションで絆を深めるお手伝い~

ペットの気持ちを伝えるアニマルコミュニケーターchikuraの日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

子供との会話

  25, 2009 16:00
2009-10-14.jpg

小藤を散歩させてると、1日に必ず1人以上に声を掛けられます。
散歩ってこんなに声を掛けられるものなんですね(^_^;)
特におじいちゃん・おばあちゃんに声を掛けられる事が多いです。

最近は子供(小学校低学年)にもよく声を掛けられるようになりました。
子供っておもしろい( ̄ー ̄)

「これ、キツネ?」
「いつになったら私に慣れるかなぁ」
「こふじってどう書くの?子供の子に富士山の富士で子富士?」
(それじゃお相撲さんみたいだぞ!^^;)
「小藤クン、トンボあげるよ!」
「石ぶつけたらどうなるの?」
「水かけたらどうなるの?」
「家はどこ?ピンポン押していい?」

などなど(^_^;)
私には甥も姪もいるけれど既に大きいし(一番下で高校生)、自分自身に子供もいないし、子供と話す機会がないので、すっかり子供とどうやって会話していいかわかんなくなりました~(@_@)
甥・姪が小学生の頃の事を思い出しても遠い記憶( ̄- ̄)
質問攻めならまだいいけれど、困るのは沈黙の時。
「何年生?」「おうちは近く?」と聞く事しかできず、他に何の話をしていいのか浮かびません^^;
平日の5時過ぎに、鍵を首からぶら下げた子供に対して「お父さんとお母さんは?」って聞きたい所だけど聞いたら悪いかな~とかアレコレ考えちゃいます。
…考え過ぎ…?

でもこういう機会を与えてくれた小藤に感謝です。
子供だけじゃなく、浦安の人達と話すなんて今迄なかったので。
おばあちゃんに「行っておいで~」と言ってもらったり、おじいちゃんに「うちも前に柴飼ってたよ~」なんて話してもらったり。
みんな良い笑顔で、凄く温かい気持ちになれますね(*^_^*)
関連記事
  •   25, 2009 16:00
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment