FC2ブログ

chikuraのキラキラdays
~アニマルコミュニケーションで絆を深めるお手伝い~

ペットの気持ちを伝えるアニマルコミュニケーターchikuraの日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

変化

  22, 2009 09:29
なんだか色んな事が変わります。


まずは私達の引越し。これも急に決まった話。
今週末にリフォームの業者の人が来て、新居で相談をするそうです。
イメージ画像を作りたいからと言ってるそうで、うちの家具をもしかしたら見に来るかもしれません。
年内が無理でも、来年早々には引越せると思います。
オール電化は、結局新居のマンションが古いためできないんじゃないかという話です。
一応東京電力に今度主人が確認するそうですが。
な~んだ(ーー;)です。


そして実家の引越し。
もう15年位前に、姉と両親が共同で家を建てていて、姉家族は最初から住んでるけれど、その頃からずっと両親が
渋ってまだ実家にいます。
けれど父ももう足腰が弱くなり、昨年姉達と、すぐじゃなくても姉と同居するよう父を説得しました。
母はもう、前から覚悟は決まってます。
父も覚悟を決めたようで、春先に「10月に引越す」と急に言い出しました。
姉自身は昨秋子宮頸癌をやり、春先まで抗癌剤治療をし、先月からようやく週2~3日で1日2時間程度でパートに復帰をしてます。
体も本調子じゃないし、姉宅の片付けもまだまだらしい。
なので姉も「10月なんて絶対無理だって」という話でした。
実家も特に何も片付いてないし、大きな物置を買ったくらいで…。
ところが昨夜母から「11月には引越すつもり」と言う電話。
もうビックリです(@_@;)

9月から主人が「chikuraちゃんの田舎の海を小藤にも見せてやりたい」と言うので10月に行く予定だったのに、新居の話が出てなかなか行けなくなり、11月に日帰りで行こうという話をしてました。
昨夜主人に実家の引越しの話をしたら、「じゃあ1週間位帰っていいよ。手伝いもしてあげれば?」と言う。
けれど鳥たちはなんとかなっても小藤を残しては行けないし、一人で小藤を連れて電車での帰省も結構厳しい。
と言ったら
「レンタカー借りて、週末にchikuraちゃんと小藤を送って、また1週間後にレンタカーで迎えに行けばいいんじゃない?」と。
それならそれでそうしてもらおうかな~と思います。
本当は、父が亡くなるまでは実家はそのままにしておきたいけれど、色々事情があり、父ももう取り壊すと言ってます。
育った家がなくなるのはかなりツライ…もうあそこで寝泊りできないのかと思うと…。
なので主人の提案は凄くありがたいなと思って、甘えてしまうつもりです。
まだ日程はわかりませんが。
姉宅と実家が近ければいいけれど、車でも1時間半近くかかります。
生まれ育った街を離れる両親も、相当の覚悟だったでしょう。


そして6月22日の日記で書いた甥っ子の結婚式が、3月14日に決まりそうです(ノД`)・゜・。
夏頃は「来年の6月かも」なんて聞いてたのに、甥の職場で色々あり、早まったそうで…。
もうお互いの両親の挨拶も済ませてあります。
甥は婿養子になってしまうので、やっぱり正直悲しいですね。
まぁ市内に住むので姉とは近いんですが、ずっと甥を頼りにしてた姉もかなりの覚悟でした。
義兄が事故にさえ遭わなければ……とやっぱり私も姉も考えます。
全てはあそこから狂ってしまったので。
色々あってお嫁さんになる人に迷惑をかけられないという理由で婿養子になるので、甥自身も可哀相なんですよね。
ただ母親である姉の事を本当に心配していて、何度も泣く姉を
「お母さんは僕のお母さんなんだから、何かあったらいつだって飛んでくるから」
と言ってるそうです。
ホントによく出来た甥っ子です。
来世では甥っ子と結婚したいくらい。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。


そんなわけで、あと半年以内には、私にとって大きな変化が3つもあります。
どれも良い事だとは思うんだけど、どれもちょっぴり淋しく思う事ばかりです。

さて、漢方薬局へ行ってきます。
…でも、私達の治療もいったいいつからになるのやら…
もうこのままやめちゃおうか?という思いがよぎります。


関連記事
  •   22, 2009 09:29
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment