FC2ブログ

chikuraのキラキラdays
~アニマルコミュニケーションで絆を深めるお手伝い~

ペットの気持ちを伝えるアニマルコミュニケーターchikuraの日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

動物からのメッセージ

  04, 2011 17:28
先日、久しぶりに愛犬・小藤のお友達に会いに行きました。
会いに行ったと言ってもお散歩の途中で、そのお友達は外飼いのラブラドール。
最近はそのお散歩コースを小藤が選ばないのですが、なんとなく私が会いたくて
「今日は真っ直ぐ行って。お友達に会いたいから」
とお願いしました。

実はこの子となんとなくお話がしたい気分でして…。
小藤が来たら大喜びで尻尾を振り、のっそりと起きてくれました。
多分高齢だと思います。
ラブちゃんのいる場所はいつもニオイが酷く、虫も多いので、いつも心配でした。
私だけが気にしてるのかと思ったんですが、以前お散歩中にお話した犬好きの年配の方も話していました。
最近は外飼いって見ないけど、考えてみたら子供の頃は外飼いがほとんどで、そのどの犬達もこんなニオイはなかった記憶が。
そしてそのラブちゃん、皮膚病なのでしょうか、所々ハゲています。
主人が言うには目が白いから白内障じゃないかと言っていました。

いつも柵の狭い間から、小藤とじゃれたりして遊びます。
一通り遊び終わって、私が話しかけたらそのラブちゃん、真っ直ぐ私を見つめて尻尾を振り続けていました。
白内障じゃないの…?見えているの…?
そして質問しました。

私 「いつもお散歩連れて行ってもらえてる?」
 「ううん。歳だからもういいの…」
私 「でもお散歩行きたいんじゃない?」
 「うん、たまには行きたいんだけど、仕方ないよね」
私 「毛が抜けてるみたいだけど、病院は連れてってもらってる?」
 「病院?行ってないよ」
私 「聞いていい?今幸せ…?」
 「・・・・・・・・うん。幸せだよ」

最後のことは残酷かと思いながら聞いてしまったんですが、聞いて後悔したかも…。
私には考えられないことばかりなのですが、この子にとっては飼い主さんが全てなんですよね…。

このラブちゃんとこんなにずっと見つめ合ったことも初めてだし、私に対して尻尾を振ったのも初めてだったので、なんだか嬉しいような悲しいような、複雑な気持ちになって帰宅しました。
どうか飼い主さん、もうちょっとラブちゃんを気に掛けてあげて欲しい。
それが「飼う」ってことだから。
命を預かっているのだから。

またラブちゃんとお話してみたいと思います。




そして昨日のこと。
小藤とお散歩中、曲がり角を曲がったところで柴犬を連れた人がいました。
私はその柴さんを見た瞬間に、悲しみと喜びの強い感情がギューーーー!と胸に入ってきて、今にも泣きそうになりました。
小藤がその柴さんのとこに行くので、私もトコトコ付いて行きました。
飼い主さんは年配の女性。
息子さんが「マメシバ」と言われて買ってきた柴さんが大きくなっちゃったそうで「上手に育てたわね~」とほめられました
それよりも一緒にいる柴さんのことが聞きたい…と思っていたら、突然その方がこう言いました。

「この子ね、南相馬市の子なの」

この一言で私に入ってきた感情に納得でした…。
息子さんがこの柴さんを引き取ったそうなんですが、元々いた柴さんと全くうまくいかなくて、それで母親であるこの女性が引き取ったのだそう。
引き取った頃はその子はボロボロで傷だらけだったそうで、1ヶ月病院通いだったそうです。
色々検査したそうですが、幸い病気はなかったそうです。
「もう私も歳で大変だから、もう犬はいいって思ってたんですけどね…。でもこの子はホントに賢くてね」
そう話す女性も、柴さんもなんだか嬉しそうで誇らしげでした。

お別れしてその後姿から柴さんとコミュニケーションをしようとしました。
けれど映像が見えて、それが余りに切なくてコミュニケーションをやめました。
多分元の飼い主さんは、柴さんになんとか生き延びて欲しくて家から出したか、外飼いならリードを取ったかしたんでしょうか、それともお亡くなりになったかわかりませんが、飼い主さんとご飯を求めてフラフラになって、人気のない街をさまよい歩いている映像が見えました。
薄暗い空の下…多分雪が降っていたのでしょう…毎日毎日。
その時ご飯よりも飼い主さんに会いたい!という気持ちがとっても強かったようです。随分探したようです。

これは話さなくても気持ちを送ってくれたんだ、と思いました。
その映像に涙が止まらなくなりましたが、「幸せになるんだよ!」とメッセージを送りました。
どれだけ心細く不安だったでしょう。
そして今の飼い主さんに引き取られ、どれだけ安心したことでしょう。
そのどちらも強い感情だったのでしょうね。
どうかこれからもたくさんの幸せが柴さんに訪れますように。
関連記事

COMMENT 10

Thu
2011.08.04
17:52

りんこ  

No title

いずれの話も心痛む話です…。
そしてどちらも健気だぁ~~~(ToT)

外で飼う人は、外で飼うんですよね。
それはそれで良いんですけど、蚊などの対策とか、衛生面には
本当に気を使ってもらいたいと思います。
犬はどうする事も出来ないんですから。
以前、水が無くて死んだ飼い犬がいたと、何かで知って、泣きました。

ラブちゃん、幸せなんですね。
その子が幸せだと思うなら、それはそれでアリなのでしょう。
手紙なんぞを置いてきたら、どうなんでしょうか?
ダメですかね?

2011/08/04 (Thu) 17:52 | REPLY |   
chikura">
Thu
2011.08.04
18:01

chikura  

りんこさん♪

早速コメントありがとうございます!

そうなんです、どちらも心が痛みました…
ラブちゃんのお話は一昨日、柴さんのお話は昨日。そしてハト(笑)

冬でもラブちゃんの体の周囲に虫がいっぱいいるんですよね…。
川が近くだから仕方ないのか?と思ったりもしましたが、ニオイが本当にキツイので、川のせいじゃないよなぁ…と思ったり。

取りあえずご飯やお水は大丈夫みたいです。
お水はいつもありますし、飼い主さんがご飯をあげに来たとこも見ました。
そして知らないおばさんも柵越しにご飯あげてたのを目撃しました^^;

飼い主さんがご飯をあげに来た時にチラッと見たんですが、おじいちゃんだったんです。
もしおじいちゃんが一人暮らしならお散歩は難しいんでしょうね。
そしてあれだけのニオイがするなら、なぜご近所さんが言わないのか?
変わり者だから?
などと考えると手紙も躊躇してしまうヘタレな私です…。


2011/08/04 (Thu) 18:01 | chikuraさん">REPLY |   
Thu
2011.08.04
23:12

*mie*mie*  

ううう…(TT)

chikuraさんの能力(?)はすごく素敵な力だけれど、
やっぱり知らなくてもいい事もわかってしまって大変ですね。
良い事も悪い事も、知っておいた方がいいとは思えど…
私にはそんなに容量がないですーーー(ToT)

切ないですけど、ラブちゃんが幸せなら、それでいいんですよね。
でも、お話相手が出来て、ラブちゃんは前よりもまたちょっと幸せになったかもしれません^^
こふちゃんとじゃれたり、chikuraさんとお話したり出来るのはきっと楽しいから、楽しい事が増えて良かった!と思います。
またお話しに行ってあげてくださいね!

なんか、最近余計に涙もろいワタクシ、また泣いちゃいました…

シバさんも、安心できる所に行けて良かったね!
いっぱい幸せになるんだよー!

2011/08/04 (Thu) 23:12 | REPLY |   
Fri
2011.08.05
12:55

りんこ  

chikuraさん

http://www.youtube.com/watch?v=WxGS-2M6_5I&feature=player_embedded

こやつが何を語っているのか、わかりますか?(笑)

2011/08/05 (Fri) 12:55 | REPLY |   
Mon
2011.08.08
02:41

ころちゃん  

涙が!

なんて動物は健気なんだろうと涙してしまいました。

これは私の勝手な見立てですが、高齢になると
目が見えにくくなったり、嗅覚も衰えてくることが多いと感じています。
もしかしたら、ラブちゃんの飼い主さんは、虫や皮膚病や臭いも気が付いていないということがあるのでしょうか。
かといって、今の状況で良いわけはないのですが。

ラブちゃんは、こふちゃんともchikuraさんともお話しできて
嬉しかったでしょうね。
またお二人が来るのを、きっとラブちゃんは待っているんじゃないかな。

そして、柴さん。よく頑張って生き延びたね。
よくこの飼い主さんにめぐり会ったね。
本当に幸せになって欲しいです。

さらに、こうやって動物の気持ちを受け取れるchikuraさんがこの柴さんに出会ったことで、
あらためて私たちは災害の大きさや悲しみを知ることが出来たこと、これはすごいことだと思います。


こういうつらい思いをした命がたくさんあるだろうに、何も出来ない自分が本当に歯がゆいのですが、今も被災して苦労している人も動物もたくさんいることを忘れちゃいけないって教えていただきました。
大切な日記をありがとうございます。

2011/08/08 (Mon) 02:41 | REPLY |   
Fri
2011.08.12
15:30

よっぴっぴぃぃ  

こんにちは♪

悲しい話ですね( TДT)
ほんと犬にとっては飼い主が全てです。
どうかラブちゃんの飼い主の方、私からもお願いです。
ラブちゃんをもっと気にかけてあげて下さい!!
確かに昔は外飼い多かったですが今はあまり見ませんね...
とくに都内はほんとに見当たらないです。

南相馬の柴ちゃん...幸せになって欲しいです!
被災地のわんちゃんを保護する団体の特集がやってて
ほんと涙が止まりませんでした。
ブラザートムさんも被災地のわんちゃんを引き取り飼って
いるみたいですよ!私も何かしてあげたいけどどのようにして
いいか分からず見守るくらいしか出来ません(T_T)
人間だけじゃないんですよね、ペットも被災者なんですよね↓↓

みんな幸せになって欲しいです....

2011/08/12 (Fri) 15:30 | REPLY |   
chikura">
Sat
2011.08.13
13:51

chikura  

*mie*mie*さんへ

いつもコメントありがとうございます!
お返事がだいぶ遅くなってごめんなさい(>_<)

今回のようにコミュニケーションしようとしなくても感情や映像が入ってきてしまったのは初めてです。
もしかしたら柴さんが訴えたかったことが強かったのかもしれませんが、多分私がきちんと学んでいないせいもあるんだと思います。
柴さんにはこれからたくさんたくさん幸せになって欲しいです。
人間が優先されてしまうのは仕方ないことなのかもしれませんが、命あるものは同じだから、動物達も同じように扱われる日が来て欲しいと思ってしまいます…甘いかもしれませんが…。

ラブちゃんは引越してから初めてできた小藤のお友達です^^
小藤は自分より大きなワンちゃんは怖がるのですが、柵の向こう側なら大丈夫なようです。
でもこのラブちゃんで慣れたせいか、ドッグランでも黒のラブちゃんがいると付いてっちゃいます(笑)
ラブちゃんが幸せならそれでいいと思うのですが、飼い主として思うことは色々ありますよね…。
またお話に行ってみようと思います。


2011/08/13 (Sat) 13:51 | chikuraさん">REPLY |   
chikura">
Sat
2011.08.13
13:53

chikura  

りんこさん♪

度々コメントありがとうございます♪
お返事が遅れてごめんなさい(>_<)

この映像、なんですかーーー!?(@_@;)
クイッと上に持ち上がってるように見えるんですが、合成…???

2011/08/13 (Sat) 13:53 | chikuraさん">REPLY |   
chikura">
Sat
2011.08.13
14:06

chikura  

ころちゃんさんへ

いつもコメントありがとうございます!
お返事がだいぶ遅れてごめんなさい(>_<)

アニマルコミュニケーションがちょっとできるようになってから、ペットというのはなんて健気な生きものなのだろうと私も思いました。
私自身、ペットに対して申し訳ないことが一杯あるのに、恨んだりすることもなく、ただただ飼い主のことを考えてくれています。
(今までお話したペットでは、ですが)

ラブちゃんの飼い主さんですが…
なるほど。確かに高齢となると衰える部分がたくさんありますものね…。
以前ご飯をあげにきていた女性を見たんですが、とても可愛がっていらっしゃったので、ご近所さんなのか、それとも飼い主さんがお願いしてご飯担当されてる方なのかはわかりませんが、心配してる方は結構いらっしゃるように思います。
他にも「あのワンちゃんが気になる」と言っていた女性にもお会いしたことがありまして。
ワンちゃんが歳を取ってるように見えるので、昨年の猛暑も心配で何度かお散歩で様子を見に行っていたんですが、今年も心配です。
ただ今年は、軒下の屋根の部分にすだれがしてあって、日除けになっていました。
全くラブちゃんのことを心配してないわけではないんだな…と思ってちょっぴり安心しました。

柴さんは、本当によく頑張ったと思います。
昨日震災のTVで、猫が死んでるいる映像や、未だに放置されてるワンちゃんがいて、そのワンちゃんが撮影スタッフのそばから離れようとしなかったのを見て涙が出てしまいました…。
うちがもっと飼える環境にあるならば、1匹でもいいから引き取りたいくらいです。

私もころちゃんさんと同じで、何もできないのが歯がゆいです。
けれどこの柴さんに出会い、震災から5ヶ月、未だに終わっていない悲しみ、そして失った命の重さ、もっともっと考えなくてはいけないと思いました。
決して風化させてはいけない問題であり、全ての日本人がこの災害に今後も目を向けていくべきことだと思います。



2011/08/13 (Sat) 14:06 | chikuraさん">REPLY |   
chikura">
Sat
2011.08.13
14:11

chikura  

よっぴっぴぃぃさんへ

いつもコメントありがとうございます。
お返事遅れてごめんなさい(>_<)

うちの田舎の方に行くと、まだ外飼いのワンちゃんは見ますが、それでもだいぶ減ったな~と思います。
都内では、私が知ってる近所ではこのラブちゃんくらいでしょうか。本当に少ないですよね。
ラブちゃんは幸せなようですが、同じ犬の飼い主として、もうちょっとラブちゃんに気を掛けてあげて欲しいな…と切ない気持ちになってしまいます。
ただ飼い主さんが高齢なようなので、色々難しいのでしょうね…。

被災地にいる動物達のことを考えると切ないですね。
私ももっと飼える環境にあるならば引き取りたいくらいです。
何もできないのがとっても歯がゆいし、募金くらいしかできないですもんね…。
何かできることがあるならば参加したいです。

この日出会った柴さんも被災した動物達も、みんなみんな、これから幸せになって欲しいですね。


2011/08/13 (Sat) 14:11 | chikuraさん">REPLY |   

Post a comment