chikuraのキラキラdays

~ペットちゃんと飼い主さんの絆を深めるお手伝い~アニマルコミュニケーターchikuraの 日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

今日の漢方薬~子宮年齢~

  17, 2009 17:03
漢方薬局のカウンセリング日だったので行ってきました。

先生に『体外受精はいつ頃できそう?』と聞かれ、主人は今年の冬あたり、と言っていたので、そう話しました。
先生は決して焦らせるつもりはない事はわかってるんですが、やはり年齢的な事をちょこっと言われました。
(2週間前も言われましたが)
『もちろん個人差はあるけれど、卵は35歳過ぎると急激に質が落ちるし、過ぎてても良い卵が採れる時もあるけど、 なるべくチャンスは逃したくないよね』
と言われました。
それはもう治療する時から当然わかっていた事だし、35歳など過ぎてる私は、承知の上でステップアップしてきました。
と言うか、過ぎてるからステップアップするしかなかったと言うか。

私も主人も暢気に構えてる訳じゃないし、だけど先立つものがなければどうにもならない……。
もちろんお金の事は先生に伝えてあります。
でもどうも、主人が女性の体の事をわかってないんじゃないかと思われていたようで、カウンセリングが終わってから薬剤師さんに不妊治療に関する本の、「女性の年齢別戦略」というページをコピーしたものを2枚渡されました。主人に読むようにと(^_^;)
薬剤師さんも不安げに「ご主人、読んでくれそうですか…?」と聞くので
「もちろん。治療は私より主人の方が積極的な人だし、いつも病院にも付いてくるタイプですよ(^^)」
と答え、主人もわかっているけれど、先立つものがないのでどうにもならない事も話しました。

そのコピーは、高齢になるほど卵子年齢が上がり、排卵力が衰えることなどが書かれているものです。
グラフも、治療の間に何度も見た事があるもので、自分の年齢は卵子年齢が低いのも重々わかってますが、結構やっぱり凹みます…。


実は先日、主人の会社は残業代が出なくなったと聞きました。
犬の小藤をとっても可愛がってる主人に、半分冗談・半分本気で
「残業代が出ないとなるとこれからも苦しいし、小藤もいるし、もう充分じゃない?治療はやめようか?」
と聞いてみたんです。
治療にかかる費用(漢方含め)で、主人にプレッシャーをかけたくないというのもあり…。
でも主人は「もうちょっと頑張ろうよ」と言うので、まだ望みを捨ててないんだなぁと思いました。多分私よりも。



●本日の会計…9912円

●最初の1週間分(高温期)
①八味地黄丸…疲れやすくて、四肢が冷えやすく、尿量減少又は多尿で時に口渇がある次の諸症:下肢痛、腰痛、しびれ、老人のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみ
②淫羊かく…強壮、強精、インポテンツ、腰膝軟弱にすぐれた効果あり。精液分泌促進作用あり。血流増加を促し、新陳代謝を盛んにして疲労回復、滋養強壮に効果あり。
③続断…腰や下肢の筋力低下や疼痛に用いる。打撲・捻挫などの腫脹や疼痛に効果あり。

●次の1週間分(低温期)
①当帰芍薬散…比較的体力が乏しく、冷え性で貧血の傾向があり疲労しやすく、時に下腹部痛、頭痛、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴える次の諸症:月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、産前産後あるいは流産による障害(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)、めまい、頭痛、肩こり、腰痛、足腰の冷え性、しもやけ、むくみ、しみ
②桂枝…内臓が悪くなく比較的汗かき症。血行を良くし、副交感神経の緊張を正常にする。芳香性の健胃薬で胃壁を刺激して胃酸の分泌を盛んにする。
※胃酸過多や胃潰瘍に用いると胃痛を起こすことがありこれは、黄連で抑えることができる。又量が多くなると桂枝の辛味成分が血液を通り子宮・腎に分泌、刺激されると流産の原因や腎の病となる。
③香附子…抗炎症作用・鎮痛作用・子宮弛緩作用
関連記事
スポンサーサイト
  •   17, 2009 17:03
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment