FC2ブログ

chikuraのキラキラdays
~アニマルコミュニケーションで絆を深めるお手伝い~

ペットの気持ちを伝えるアニマルコミュニケーターchikuraの日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

THE ALFEE 45th Anniversary Best Hit Alfee 2018「春ノ巻」@オリンパスホール八王子4/17

  20, 2018 13:09
最新のお知らせ 2018.4.18更新

◆5月イベント出展&アニマルコミュニケーションWS開催します

5月12日(土)のイベント「芽吹きは魔法のスパイスで」に、
出展&アニマルコミュニケーションWSの開催決定しました。
WSの詳細は後日お知らせしますが、メニュー詳細はこちらをご覧ください。

◆4月のセッションお申込み受付開始しました
終了しました。5月のセッション期間発表までしばらくお待ちください。

【セッション期間】 4月15日(日)~22日(日)(17・18日は除く)
【お申込み締切日】 4月16日(月)

毎月中旬頃がセッション期間となっております。
4月のご都合がつかない場合、ご予約も可能です。お気軽にお問い合わせください。
・セッションの詳細・お申込み・お問い合わせはこちら
・アニマルコミュニケーション/ヒーリングのご感想カテゴリーはこちら




オラクルカードのメッセージをお届けしているブログです➽「chikuraのオラクルdays」(現在休止中)




※春ツアーは始まったばかりですので、ネタバレを見たくない方はUターンしてください。
 自己責任でお願いします。



アルフィーの春ツアーがもうスタートし、4月17日にライブへ行ってきました。
この日は高見沢さんの64歳のお誕生日。
有料のお誕生日会(←って高見沢さんが言ってたの)


2018417-1.jpg

ホール前にはたくさんの「チケット譲ってください」の紙を持ってる方々が。
それではセトリから。
今回も「Aの会」さんからお借りしました。


1.Shadow of Kingdom
2.STARSHIP-光を求めて-
3.THE AGES
MC 坂崎さん
4.勇気凛々
5.不良少年
6.A.D.1999
MC 3人
7.君が通り過ぎたあとに -DON'T PASS ME BY-
8.碧空の記憶
9.ONE
MC 高見沢さん
10.春の嵐
11.Nervous Breakdown
12.誓いの明日
13.Mind Revolution
14.GATE OF HEAVEN
15.星空のディスタンス

アンコール1
16.Take It Easy(Eagles)
~出し物
(カラオケ歌合戦、高見沢さんバースデースペシャル)
~Baby's In Black(THE BEATLES)(高見沢さん&坂崎さん)
~We Will Rock You(QUEEN)(桜井さん)
~Without You(Badfinger)(高見沢さん)
17.CATCH THE WIND
18.夢よ急げ
19.悲劇受胎

アンコール2
20.人間だから悲しいんだ
MC 高見沢さん
21.100億のLove Story


この日が私の初日だったので、どこまでがコントでどこからがお誕生日スペシャルかわからずだったけど、
どうやらカラオケ歌合戦はツアーでやるようですね~。

久々の桜井さんの着流し、そして幸ちゃんまで着流し。
桜井さんの名前は「ザトギワまさる」でした。
ザトギワさんに贈られた秋田犬の名前が「まさる」の予定だったんですよね。
(秋田犬は女の子で、その後ザトギワさんが「まさる」は男の子の名前と知り変更したようですが)
桜井さんも「賢(まさる)」さん。

ここでスペシャルが入り、高見沢さんへの大きなケーキが!
みんなでハッピーバースデーを歌いました。

この時だったかちょっと忘れちゃったけど、桜井さんがイカの着ぐるみを着て登場。
頭が入らなくて伸ばしてもらったらブカブカになっちゃったとか。
しかしなんでイカ???
と思ったけど、パンフで高見沢さんが着てたとか。
(私はもうパンフは買ってなくて知らなかった^^;)

幸ちゃんも「なんでイカ?」と言ったら、高見沢さんが「お前もパンフ見てないだろ!!」と。
本編で桜井さんがいつもパンフの宣伝部長を務めてるんですが、
パンフの物語のことをよく理解してなくて、高見沢さんに「読んでないだろ!」って叱られてて。
桜井さんの場合は、読んでも忘れちゃうそうで
で、このアンコールで幸ちゃんが怒られ、「なんで見てないんだよ」と高見沢さんがツッコんだら
「刑事訴追のおそれがありますので・・・」と
本編でも「記憶にございません」「刑事訴追のおそれがありますのでコメントを控えさせていただきます」
ってマネしてたんだけど、なんだか言い方が似ててちょっと笑っちゃった~。


幸ちゃんが、
「誕生日だから何でもしてあげる」ということで、
幸ちゃんのアパートで初めて幸ちゃんとハモったビートルズの「Baby's In Black」を
歌いたいという高見沢さんの希望で、二人で歌ってくれました。


飛びますが、「悲劇受胎」の前に、
「今年、第4回目の~~」と高見沢さんが言うので、
「やった!SWEAT&TERAS!?」と思ったら「アルフィー的メタル~」だったのでちょっとガッカリ
(最近SWEAT&TEARSに入る前に「今年○回目の~」って言うのです)
でもね、高見沢さんがほとんどヘドバンして歌ってたものだから、
ちょっと心配しつつも、なんだこの64歳は!!と思ってしまいました。
こんなに高音の、そしてヘドバンできる64歳・・・・・すごすぎっ


さてさて、私が今回相当感動した曲が「Mind Revolution」です。
先日の記事「儚く、美しく」とリンクした楽曲です。
この曲はもう30年位前?の曲で、元々この楽曲は大好きで、
私のブログのカテゴリー名の1つにもなってます。
カテゴリーでは、私の心の変革としての意味なので、歌詞とは繋がらないかも・・・ですが。
なのに、今回この楽曲をここまで私なりに深く理解したのは多分初めてではないかな、と。
その前日に記事にした通りのことを考えていたので、最後の方は余りの感動に震えてしまった。

ただ、たまたまこの曲を検索したら、知恵袋でこんなことが書かれてました。
平和がテーマのアルバムで、この曲もその一つっぽい感じに書かれていたけど、私はちょっと違う解釈。
先日の記事に書いた通り、個人的な魂レベルの曲と捉えてます。
もちろんそれも平和に繋がることとも思います。
でも今の私の解釈でお話しますね。

僕はこの広い宇宙の中のStardust
でも愛は無限の宇宙そのもの


先日書いた記事の部分で、魂レベルでは今世は瞬く間に終わってしまう。
だからホントに星屑のようなものなんですよね。
もちろん宇宙の中でも星屑のようなものでもあって。
でも愛は、目には見えないものだけれど尊いもので、
その大きさは、これも見えないけれど無限に広がるものだと私も思うのです。

そして

夢は消えてゆく 君が気付かぬうちに
愛は消えてゆく 君が気付かぬうちに


ここは高見沢さんがどういう意味で書いたかはわからないけれど、
先日書いたように、今世の約束は来世にはすべて忘れてしまうことで、
もちろん約束だけでなく、すべて忘れてしまう。
覚えている保証なんて一つもない。
叶えた夢も愛も、来世には覚えてないから今世で消えてしまう。
(魂は覚えてますが)
そういう儚い部分であることを、私はこの歌詞に繋げて考えました。

だから最後が、

夢を追いかけていたい
愛を信じていたい


という歌詞になっていくのかな、と。

そう解釈したので、このタイミングでこの曲を聴いた時、
「今生きてる間、大切なものにすべて愛を注ぎ、
 来世にすべて忘れてしまうのならば、全力で生きよう」
ということに間違いはないんだよ、と背中を押してもらったように思うのです。


私はようやく去年からアニマルコミュニケーションでイベント出展するようになり、
貴重な出会いがあったり、学ぶこともあったり。
そして今、また次のステップに進もうとしています。
それは、自分だけだったらとてもじゃないけど考えつかなかったこと。
そのことを考えると、本当にベストなタイミングの出会いなのだと思うんですよね。
もし1年前だったら、ヒントを出されても簡単に却下してたから。

これもまた、私が魂だけだった時のシナリオだと思うから偶然ではないにしろ、
そういうシナリオを今の私は忘れてしまっていること・・・。
だから、今生きていることが儚く美しく感じてしまうのです。

それならば、私がどのくらいの可能性があるのかを見てみたい、という気持ちも出てきました。
それもまた例えシナリオだったとしても。

なので、今自分をかなり客観視してるような感覚です。
乗り物だけ借りて、ちょっとやらせてね、みたいな。
でもそれは同時に自分でもあるので、大切にしてあげたいという思いがあるからこそ
自分の無限の可能性を見てみたい。

今生きていることがまるで夢の中のようで儚くて、
それをライブ前日に感じ、そしてこの曲で確信しました。

今この命を大切にする。
それは、自分の無限の可能性を信じるということ。
私の人生のテーマは、それに尽きるな、と。


このタイミングでこの曲を今回聴いた時は、魂が震える感覚でした。
魂が震えるって、こういう感じなんだとわかったというか。

もう30年前近くになるこの曲が今でも歌われることは、
アルフィーが続いていなければできなかったこと。
物凄く感謝します。

良かったら、「Mind Revolution」、聴いてみてくださいね。
高見沢さんがズラミーだけど




さてさて最後に。
八王子って昔行ったことあったなーとチケットを探してみたら、なんと25年前!!
ホールは違うけれど。
2018417-2.jpg
このVictoryツアーのメモリアルチケットが一番好き


そして帰りに渡されたチラシ。
2018417-3.jpg
2018417-4.jpg
この年齢になっても、夢を持っている限り叶えられる可能性があるということを
高見沢さんに教えてもらった気がします。


私もまだまだこれから。
もっと自分の可能性を信じて、がんばって行こうと思います。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援してください♪

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
  

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆
関連記事
  •   20, 2018 13:09
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment