FC2ブログ

chikuraのキラキラdays
~アニマルコミュニケーションで絆を深めるお手伝い~

ペットの気持ちを伝えるアニマルコミュニケーターchikuraの日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

私が私を全力で守るから

  23, 2018 16:36
最近告知ばかりが続き、なかなか自分のことが書けずにいました。
今日は久しぶりに、昨日あった気付きについて書いてみようと思います。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


昨日ちょっとビックリしたことがあって。
あることをやってみたら、自分の闇を見つけたのです。

その「あること」とは、具体的には書けないけれど、
自分がこれまで苦手とするもの・避けてきたことであり、
一番向き合わなければいけない部分に触れたこと。



私の母はキツイところもあるけれど、でも基本大人しく、
昔からなんだか少女のような可愛らしさがある人なのです。
なんだろう・・・名の知れぬ小さな花を心に持っているような人。
それは私が子供の頃から感じてました。

昨日その「あること」に触れた時、
私にも母と同じような可愛らしさがあったことに気付き、
そして驚いたのです。


私は男前な部分の自分が好きだったり、
今やおっさんみたいになってる自分が好きだったり(-∀-)

でもそれは、「頼れる」という意味ではなくて。
もろいからこそ「男っぽく」見える自分が好きだったのではないかと。
そしてそういう私を、みんなに見て欲しかった。


だから母と同じような可愛らしさがあったことに、
呆然としたあと、一人で泣きながら爆笑でした。

でもきっと、知ってたんだよね。自分は。
隠したかったから、別の部分を強調して見せないようにしてたんだもん。



ではなぜ隠したかったのか。
自分を騙してまで。



私の家庭はあんまり良い家庭ではないと思います。
年がら年中父の怒鳴り声が響く家でした。
両親が仲がそう悪いわけではないのに、
父はいつも母に怒鳴り散らし、そして母を馬鹿にする。

歳を取ったらそういう部分も衰えるかと思いきや、
88歳になった今でも変わらない父。
母が認知症になっても怒鳴り散らす。(本人我慢してるとは言いますが)
けれど父なりに罪悪感があるのかわからないけれど、
母をかばったり、母のことを想う言葉を漏らしたりもして。

私が生まれた時から
母に怒鳴り散らし馬鹿にしてきた父を、私は見て育ってきたのです。

私が幼稚園生の頃、
母が祖母(母の実母)の家へ行って泣いていたことも何度か見ていたし、
幼稚園の帰り道、海に連れられて母が1人泣いていたのを見ていた私。


そう・・・
母のように可愛らしい部分を持っていたら攻撃される・・・
幼いながらにそれを察知していたのだと思います。

幼い子供は親が全て。
親に嫌われては生きて行けないことを察知する。
だからこそ、自分の中にある可愛らしさを閉じ込めたのではないかと思います。


また、以前友人に透視リーディングをしてもらった時、
私が3歳の時に女性であることを否定しなければならないこともあり、
(記憶はないけど感情は覚えてて、ボロボロと涙がその時出ました)
こういうことが重なって、女性である自分ではいけないということもあったんですね。

その辺はだいぶ解消されて、自分の中にある女性性は大切にしてきたつもりだったけど、
やはり「つもり」だったんだろうな。
最も向き合わなければならないところに、ようやく向き合ったくらいなので。



それだけではなく、私は一人暮らしをしてた頃、
とにかく強くならなければいけない、
とにかく親に迷惑をかけてはいけない、
とにかく頼ってはいけない、と思ってました。
一度救急車で運ばれた時ですら、救急隊員に実家の連絡先を聞かれ、
絶対教えなかったくらい。
弱い自分であることを、頑なに知られたくなかったのですね。
・・・でも救急隊員に、「代わりに婚約者(現在の夫)の連絡先なら教えます」って教えたら、
まんまと彼が私の実家に連絡しちゃったというオチがありましたが


さらにそれだけではなく、
男女間についても、女性であることを否定してたため、
間違った考えの残骸がボロボロ出てきたり。

「お金=男性のように働く」という単純な計算から、
私はさらに自分の中の可愛らしさを閉じ込めてきたことに気付きました。


実は他にもあったけど、これだけ気付いただけでもかなりヘビー
と同時に謎が解けた爽快感もあり。



可愛らしくたって、誰も責めないのにね。
私が私を責め続けてきたんだなー。

てなわけで、もう認めちゃいます。
私って可愛らしいんだよーーー!/(~o~)\

けれど何十年とフタをしてたつもりだったから、認めても行動する時は怖いのかな。
それも一つずつ向き合って、私に正直になって行こう。


これらに気付いた時に、私は自分にひたすら謝りました。
そして自分に誓いました。

「私が私を全力で守るから」

これこそが自分の中にある、本当の男らしさなんでしょうね。
そしてこんな声がどこからか聞こえたのです。

「闇を返せば光がある。深い闇を見るからこそ光に気付く」

そう、光に気付くには闇がなければ気付けない。
また逆に、光がなければ闇も見えない。
だからどっちも大切なこと、と私は思ってます。


避けてきたこと・苦手なことの中にこそ宝がある。

というのは本当だったんだな。
ここまで来るには長かったけど、今までやってきたことが積まれてるからこそ、
避けてきたことに向き合えたのだと思います。

今満たされた気持ちでいっぱいです。
自分を満たすって、すごいことなんだ。


女性性の否定は、これからまだまだ出てくると思います。
でももう避ける必要もない。

てなわけで、早速ふんぱん買っちゃった
今の私には股活(おまた活動)は大事なようです。
おまたカイロもやってます(*´v`)
おまたカイロもボロボロ闇が出てきます。


知らない自分と出会うことは、もう私の趣味。
これからどんどん本来の自分に還っていけるのも楽しみです

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

3月11日(日)浅草、3月24日(土)横浜でのイベント出展も予定しています。
詳細がわかり次第お知らせ致します。

ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援してください♪

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
  

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆



最新のお知らせ 2018.1.21更新

◆1月のセッションお申込み受付開始しました
【セッション期間】 1月23日(火)~27日(土)
【お申込み締切日】 1月20日(土)まで
 2月のセッションまでお待ちください
(毎月中旬頃がセッション期間となっております)
1月のご都合がつかない場合、ご予約も可能です。お気軽にお問い合わせくださいね。
・セッションの詳細・お申込み・お問い合わせはこちら
・アニマルコミュニケーション/ヒーリングのご感想カテゴリーはこちら




オラクルカードのメッセージをお届けしているブログです➽「chikuraのオラクルdays」


関連記事
  •   23, 2018 16:36
  •  2
  •  0

COMMENT 2

Wed
2018.01.24
06:14

ひとこ  

真摯に自分に向き合っているchikuraさんを尊敬します。

2018/01/24 (Wed) 06:14 | REPLY |   
chikura">
Wed
2018.01.24
14:21

chikura  

ひとこさんへ

いつもコメントをありがとう。

どうもありがとう~。
自分のことが一番わからないので、発見できるのって楽しくて。
もう趣味^^
でもラクに生きたいという願望が強いだけかもしれないね。

2018/01/24 (Wed) 14:21 | chikuraさん">REPLY |   

Post a comment