chikuraのキラキラdays

~ペットちゃんと飼い主さんの絆を深めるお手伝い~アニマルコミュニケーターchikuraの 日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

小さい頃の自分をいっぱい褒めよう

  11, 2017 16:03

最新のお知らせ 2017.10.3更新


10月のセッション募集中です!
(毎月中旬頃がセッション期間となっております)

【セッション期間】 10月16日(月)~22日(日)
【お申込み締切日】 10月17日(火)まで


11月のご予約も可能ですので、お気軽にお問い合わせくださいね(*^_^*)



<セッションメニュー>

■アニマルコミュニケーション

1.対面セッション
  30分3,000円/60分5,000円/15分2,000円(注) 吉祥寺または荻窪のカフェ
2.メールセッション
  8,000円(1匹さんにつき)

■ヒーリングforペット
遠隔セッション 2,000円(1匹さんにつき)

セッションの詳細・お申込み・お問い合わせはこちらです➽「セッションメニュー」
アニマルコミュニケーション/ヒーリングのご感想カテゴリー➽「ご感想一覧」



オラクルカードのメッセージをお届けしているブログです➽「chikuraのオラクルdays」



私の母は認知症で、両親と同居してる次姉が介護してます。
もう、問題はかなりたくさんあります。
それは母のことだけでなく、父のことも。

姉家族と両親が同居してからというもの、関係は悪化してます。
姉が1日出掛けるという日は、父が必ず私に電話してくる。
それも1時間以上毎回同じグチの電話。
私は次姉とはもちろん姉妹だし、正直いい気持ちしない。
挙句の果てに、3姉妹の中で一番良い旦那は長姉の旦那だと言われたり。
(うちはよ?って思うし、それは父親の目線だからって言い返すけど笑)

今はないけど次姉から発狂メールが届いて悩まされた時期もあったり、
知らぬ存ぜぬの長姉にイラだったり、
私は私なりに、介護はしてなくても大変だったりすることも多少あります。
次姉に比べたら、そうじゃないんでしょうけど。



けど、今日気付いたことがありました。

問題作ってるの、私だったわーって。
私はまだまだ、自分が勝手に作った罪で私を罰そうとしていたと。


3年前ぢんさんのこちらの記事(⇒■借金などの問題はどうすればいいのですか )を読んだ時、
大発見をしたことを思い出したのです。


うちの家庭はもともと平和ではなかったです。
父はいつも怒鳴り散らし、私が小さな頃は母に暴力も奮ってた。
暴力はやめても、相変わらず言葉の暴力は今でも続いてます。

父は自分を褒めてこれなかった人、やりたいことをやれなかった人・・・と思ってます。
15歳で海軍に入り、戦後も生きてくのに苦労しただろうし、
結婚して3人の子供を育て、自分を犠牲にしてきたことはいっぱいあるだろうとは思います。
モラハラな父ではあるけれど、深い思いやりを持った人でもあります。念のため。


と、話はソレたけど、
ぢんさんの↑の記事を読んで、私は「母を守ってあげられなかった」という罪を自分にきせ、
過去、長年に渡り罰し続けていた・・・ということに3年前気付いたのです。

父が母に暴力を奮っていた頃は、まだまだ私は幼く、何もできなかった。
「やめて」
というたった一言も言えなかった。

中・高校生になっても同じで、「やめて」という一言を言えなかった自分を、
私はなんて意気地なしなのだろう、なんて無能なのだろう、
・・・ってずっと責め続けてた。

実は今でもそう責めてました。
たまに帰省して、父が母に怒鳴り散らし喧嘩になりそうな時、
「やめて」って言えるようにはなったけど、
自分がどう感じてどう悲しかったか、ということは言えず、
「今でも意気地なし」って責めてるんですね。


ぢんさんの記事を読んで、随分クリアになったと思い込んではいたけれど、
まだまだだったってことに今日気付いたのです。

それは母を守れなかった罪から続き、
そんな父すら私は守れない。
そして姉も守れない。
守れない私が全部悪い・・・って思い込んでました。

あー、そりゃ疲れるわけですな


1つ気付きだすとどんどこ出てくるもので、
母が認知症になったのも、次姉が両親と同居となったのも、
長姉が知らぬ存ぜぬになったのも、
ぜーーーーーんぶ私の罪だって思い込んでいて。

・・・バカバカしい(-∀-)
そして私は何様のつもりだったのでしょうか。
人の人生まで背負おうだなんて、おこがましすぎる。


例えば心の勉強をしたところで、相手の人生は何も変わりません。
自分の考え方を変えるだけ。
相手の人生に責任なんて絶対持てません。

今何かと「引き寄せ」って言われるけど、
「私がこういう考え方してるから引き寄せた」ってのも違うと思うのです。
だって相手の人生は私のものじゃないから。


もういい加減、私は「守れなかった」という罪悪感はポイッとしよう。
私が守ったら両親が変わったかも・・・なんてことは誰にもわからないこと。

守れなかった小さな頃の自分には、ちゃんと理由があったんだ。
耳に手を当て、父の怒鳴り声を聞こえないよう聞こえないようとしてた私は、
本当によくがんばって堪えたものだと思う。
だから私、忍耐強くなったんだわ

小さい頃の自分をいっぱい褒めよう。
きっと今、私にとても必要なことだから。


いつも応援ありがとうございます
3つのランキングに参加しました。
お手数ですが、ぽちぽちぽちっとしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村
    
関連記事
スポンサーサイト
  •   11, 2017 16:03
  •  2
  •  0

COMMENT 2

Thu
2017.10.12
07:04

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/10/12 (Thu) 07:04 | REPLY |   
chikura">
Sat
2017.10.14
15:56

chikura  

鍵コメさんへ

コメントをありがとう~。

そうだね、小さいながらも「自分にできること」を考えていたんだろうね。
でもできなくて自分をずっと責めていたんだと思う。

ぢんさんには本当にたくさんの気付きをもらってる。
しかもブログ読んでるだけ、なのに^^;
その中でもあの記事は物凄い衝撃だったなぁ。
ぢんさんは同じことを繰り返し言ってるから、
「もういいかな?」と思ってあまりブログを読まなくなったけど、
でも忘れちゃうことはあるから、たまに読んでるよ^^

未だに自分責めしてたとは思わず、もっともっと褒めていこうと思う。
どうもありがとうね(*^_^*)

2017/10/14 (Sat) 15:56 | chikuraさん">REPLY |   

Post a comment