二度の別れ

5年前に旅立った、ブルーボタンインコの愛息子・こぶ。

img_cache_d_15377_1_1250750767_jpg_201609191329136b1.jpg


こぶは現在私の守護ガイドとなってくれてます。

それがわかったのは約2年前。
二つ目のアニマルコミュニケーション講座を受講し始めた頃でした。

交信の練習のため心のある場所に行くんですが、そこにこぶがいたんです。
聞いてみると、こぶが旅立ってからずっと守護ガイドとしていてくれたそう。

その約半年前、私が初めてこぶとアニマルコミュニケーションをした時(その時の記事はこちら→ 「君を忘れない」)、
「僕はずっとママを見守っているよ」と言ってくれました。
守護ガイドであったことを知った時に、この言葉が本当だったとわかったのです。


私がアニマルコミュニケーターになる!と決めたのもこぶがキッカケだったのです。
動物と話せるなんて特殊な才能で、ハイジさんしかいないって思ってた。
でも日本にもアニマルコミュニケーターさんがいることを知り、早速セッションをお願いしようと思ったんですね。

ところがレモンちゃんは、小藤の声を聞きたいと言い、私はこぶの声を聞きたかった。
たまたま見たアニマルコミュニケーターさんのHP。
レモンちゃんと意見が割れて、散々悩んだ挙句。。。

「だったら私が聞けばいいんだ。私なら絶対できる!」

と、なんの根拠もない自信があって。
それからアニマルコミュニケーターの講座を調べて…そこからが始まりです。



こぶの言葉を知りたかった。

たくさんの後悔があって謝りたかった。

あの時こうした方が良かったんじゃないかって、こぶのその時の気持ちを知りたかった。


思えばこぶがそうやって私を導いてくれたんですよね。
守護ガイドだったから。
何もかも納得ができました。


・・・でも私がアニマルコミュニケーターになれたら、こぶはいなくなるってわかってました。

時々その心のスペースへ行って、こぶと話をしたり、相談に乗ってもらったりしてたんです。
ところがアニマルコミュニケーションをする時に、最近はそちらには余り行かずに交信をしてたせいか、
そのスペースへ行くこともほとんどなかったんです。


先日久しぶりにそのスペースへ行ったんです。
すると・・・・・・

なんだかこぶが薄くなっていました。(色が)
こぶがよく見えないのです。

もしかして…?と思い、こぶに聞いたら、「そろそろ違う所に行く」と言う。
私は涙が止まらず、何度も何度も「そんなのヤダ!!ずっとそばにいて!!」と食い下がりました。

「でもママは最初からわかってたでしょう?」
と言われ、
「だって私まだアニマルコミュニケーターになってないよ!!こぶがいなくなるならならなくてもいい!!」
くらい言ってしまった・・・

こぶは
「ママはもう僕がいなくなっても大丈夫。しっかりその道を歩んで行けるんだよ」
と言いました。

それでも
「そんなのヤダ!こぶがいなきゃムリだもん!」
って、どう食い下がってもダメだったので、
「せめて私の誕生日までいて!!(来月誕生日です)」
とお願いしたんです。


どうにもこうにも悲しい気持ちが止まらず、そのスペースから出て、今度はハイヤーセルフに会いに行きました。

「さっきのこぶの言葉は嘘だよね!!」
とつっかかる私。
ハイヤーセルフにつっかかる人なんているんだろうか?(笑)
それでもそれが本当だと言うので、ついには八つ当たる私。



その後ずっと考えていました。
二度も悲しい別れを経験するんだったら、一度目の別れでそのままでいたかった…なんて…。

そんなことを思ったら、こぶが悲しむことはわかってるけれど。

でもね、大切な大切なペットを一度亡くした人なら理解できると思う…
そのサヨナラが二回あったら、みんなツライと思うし、私だけじゃないと思う。
例え一度目の別れから5年たったって、大切なペットには変わりないから。

けれど、私の気持ちを整理しなければならないことはわかってるのです。



しつこい私はペンデュラムでも聞きました。
やっぱりこぶとのサヨナラは確実です。
ただ誕生日のあとにサヨナラとなるようですが…。

そしてサヨナラしたら天界へと行くこと、現世でこぶとまた出会えることはないことなど…。

・・・・・・・・・・・・・・・聞かなきゃ良かった。



でも、こぶがいなくなってからの私は、きっとそれが大きな転機になるんだろうって、それはわかるんですよね。
そこから私は更に成長できるともわかっています。

今はどうしたらこぶと、笑顔でサヨナラできるかを考えています。


でもでも、やっぱりサヨナラはツライのです。。。
関連記事
スポンサーサイト