chikuraのキラキラdays

~ペットちゃんと飼い主さんの絆を深めるお手伝い~アニマルコミュニケーターchikuraの 日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

ワンコにハーブ♪

  22, 2014 21:01
先日ワンコ用ハーブのセミナーに行ってきました。
今週末で終了です。
今回は入門なので、その先勉強するかはまだわかりませんが。


去年9月、小藤が痙攣発作を起こす少し前に、たまたま読んでいたワンコ用ハーブのブログ。
発作を起こして漠然と「ハーブ習った方がいいのかな…」と思いました。

MRI検査をしてないのでハッキリした原因はわかりませんが、血液検査では何の異常もなく、
年齢的に「一過性のものかも」と言われ、安心しちゃってそのままになってたんです。

ところが11月に2度の痙攣発作。
またもや血液検査では異常なし。
MRI検査は身体にも負担をかけるし、頻繁に発作を起こすわけでもないので、飼い主の判断となったのです。


色々考え、私ができることをやってからにしようと決めました。

まずはハーブを習うこと。
その後はペット食育。
そしてヒーリング。

それを習ってまた痙攣を起こすようなら(その時点で頻発しなければ)、MRI検査しようと。


病院ではてんかんの疑いもある…と言われ、でもペンデュラムに聞いたら違ったので、
私はてんかんだとは思ってないんですけどね…。
とにかく私にできることはやってみなくてはと、それが私の責任だと思ったわけです。

ハーブは思ったよりシンプルで簡単でしたよ♪


手作りご飯にしてからもうすぐ2年になります。
今日はチャーハン。

141221.jpg

↑これに↓こうやってハーブをかけて混ぜるだけ~!

141222.jpg


141223.jpg

美味しいね

141224.jpg



思えば小藤には色々教わってばかり。

手作り食に変えたのも、私の食生活に原因があったと、今になってわかりました。
それは昨年11月のリトリートに参加した時に、ヒーラーさんにズバリ私の食生活が見えちゃったらしく

私は食にほとんどこだわりがなくって、「食べたい」って思うものがわからないのです…。
長年、削れるものは食費って思ってたせいか、「食べたい」って思う物より値段が大事に思っていました。

ヒーラーさんには、「食べたい」って思うそれが心の声なので、
アニマルコミュニケーションをする上でも大事だと言われたんですね。


少しずつ変えてってはいたけれど、なかなか食生活が変えられないのが現実。

そこでハーブを習ったのも、小藤のおかげだと思うし、ハーブの先生にも
「小藤クンがchikuraさんを連れてきたんですね」と言われました。

私もハーブ生活しています♪


ワンコも若いうちから摂っていると、病気をした時に回復が早くなったり、
老犬さんなどにもお薬のデトックス作用もあるそうです。

ワンコが必要としてるものは飼い主も必要。
これはフラワーエッセンスもそうですが、ハーブも同じなんですって。

なので手作りご飯も、元々私はマニュアル人間なので、レシピ通りに作っていたけれど、
最近は私が食べたいと思う食材を色々入れて楽しんでます。

手作りご飯にすると、毛並みも全然違います

とは言ってもドッグフードが悪いってわけではなく、実際ドッグフードで長命な子もいますしね。
小藤は元々ドッグフードの食いつきが悪く、色々変えてもあんまり食べてくれなかったんです。
それがきっかけだったってだけ。


飼い主に必要なことは身体を張って教えてくれる動物。
それをきちんとキャッチできるかどうか。
小藤は私の人生をよりよくするために来てくれたんだって、最近になって本当にそう思います。

これからもちゃんとキャッチできるようにしたいです



関連記事
スポンサーサイト
  •   22, 2014 21:01
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment