chikuraのキラキラdays

~ペットちゃんと飼い主さんの絆を深めるお手伝い~アニマルコミュニケーターchikuraの 日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

愛鳥の命日

  07, 2016 17:17
今日は愛鳥こぶの命日。
こぶは13歳で旅立ちました。
あれからもう8年。


img_cache_d_15377_1_1250750767_jpg_20160807163502e98.jpg


目が腫れるようになって2年位闘病してたのかな。
この数日前から様子がおかしく、この日の朝も吐いてしまった。

真夏だし、もうこのまま家にいて、つがいのてんと一緒にいた方がいいかもしれない。
けれど、かかりつけのバードクリニックに行けば酸素室があるから、
その方がこぶはラクかもしれない。
そう思って朝一で電話して予約を取り、病院へ。

病院と言っても、当時の住まいが浦安。
病院は恵比寿。
約1時間かかる。

・・・・・なんとか酸素室に入るまでがんばって欲しい・・・・・

そう願いながら、こぶの入ったバッグを何度も開け
こぶの様子を電車の中で見ていた。

最後、見えないはずの方の目のこぶと目が合った。
それが最後となってしまった。
恵比寿まであと一駅だったのに。


私はそれからずっと後悔してた。
病院に連れて行かず、てんと過ごさせてあげれば良かったと。
でもきっと、家にいても「病院に連れて行けば良かった」と後悔してただろう。


img_cache_d_18658_1_1253511152_jpg_201608071711140d9.jpg


そして5年前、アニマルコミュニケーターの存在を知った。

「こぶの声が聞きたい!」
「こぶはあの時、家にいたかったのか知りたい!」

そう思ってセッションの申込をしようと思った。
けれどその時なぜだか、

「っていうか、これ私にできる」

と思ってしまった
何の疑いもなく、根拠のない自信だったけど、すぐに講座を調べた。
そう、私の道を教えてくれたのはこぶだった。

アニマルコミュニケーションの勉強を始め、でも実際こぶの声を聞くのが怖くなった。
こぶと交信したのは、勉強を始めて半年位たった命日の頃。

「ボクはずっとママを見守ってるよ」

まだそれがこぶの声なのか自分の望みの声なのか、
正直自信のない頃だったんだけど、その意味があとになってわかった。


t02200293_0240032010256346286.jpg


色々と遠回りばかりしてしまう私。
それでもずっとこぶは応援していてくれていた。

アニマルコミュニケーターになっても、
例え、アニマルコミュニケーターをやめたとしても、
例え、この先まったく違う道を選んだとしても、
こぶはずっと私を見守っていてくれるだろう。


8年たった今でも、肩に乗った45gの重みを忘れてない。
きっと一生忘れない。


ありがとう。
こぶ。


img_cache_d_45378_1_1281154817_jpg_20160807171024d8a.jpg




アニマルコミュニケーション・ヒーリングについてのお知らせはこちら→「最近のお知らせ」

オラクルカードのメッセージをTwitterで毎日お届けしてます。フォローしてくださいね^^→chikuraのTwitter





いつも応援ありがとうございます
↓クリックすると、あなたとペットちゃんに7分間ヒーリングが流れます

にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト
  •   07, 2016 17:17
  •  2
  •  0

COMMENT 2

Mon
2016.08.08
06:16

ひとこ  

もう8年も経ってしまったんですね。
早いなぁ。
chikuraさんの部屋に遊びに行って、
こぶちゃんとてんちゃんに遊んでもらったことを
思い出します。
これからもchikuraさんを見守って下さいね。

2016/08/08 (Mon) 06:16 | REPLY |   
chikura">
Thu
2016.08.11
21:31

chikura  

ひとこさんへ

コメントをありがとう~。

早いものでもう8年。
かなりアッという間で、濃い8年間だったなーと思う。

あの日、こぶとてんと遊んでくれて本当にありがとうね
こぶは人懐っこい子だったなー^^
てんはちょっと人見知りするんだよね。私に似て(笑)

きっとこれからもこぶは私を見守っていてくれると思う^^


2016/08/11 (Thu) 21:31 | chikuraさん">REPLY |   

Post a comment