FC2ブログ

chikuraのキラキラdays
~アニマルコミュニケーションで絆を深めるお手伝い~

ペットの気持ちを伝えるアニマルコミュニケーターchikuraの日々のできごとや感じたことの記録です

Take a look at this

怖い姉

  26, 2009 18:08
豆柴の小藤を見に、今日は姉がやって来ました。
私は三姉妹の末っ子で、姉が二人います。

下の姉はいつも私に優しい人。今日来た上の姉はとても厳しい人。
間に1人いるためか、幼い頃から下の姉とばかり遊んだり、悩みを打ち明けたりしていて、上の姉とは余り会話した記憶もなく、話したとしてもいつも子供扱い。それは今でもそうだったりします。
とても真面目な人で、性格も私とは全然違い、生き方もまるで違う人。

私が高校の時にバンドを組んだら、当時もう社会人で家を出てた姉は
「そんなくだらないことをやらないで勉強しろ!」と怒られ、だけど文化祭でのステージを遠方からわざわざ見に来てくれ、「なかなか上手いじゃない!」なんて褒めてくれました。
社会人になってもバンドをやっていた私に、「OLっていうのはね、スポーツクラブに行ったり旅行をするもんなの!バンドなんかいつまでもやっててバカじゃないの!」と頭ごなしに怒るのに、大きな会場でライブをやった時は家族で見に来てくれたり。
社会人になった時は、化粧品を一式揃えてくれたりスーツを買ってくれたり、とても面倒見の良い人です。
元々は優しい人だけど、いつも叱られてばかりなので、未だに上の姉と二人きりで会う時は妙に緊張しちゃいます。姉妹なのに^^;

私は姉に不妊治療の話をしてあるんですが(バレてしまって^^;)昨秋下の姉が子宮頸癌で入院をした時に、両親が姉家族の面倒を見ており、高齢の両親も慣れない場所でさぞ疲れてるだろうと思い、私は不妊治療はその頃お休みしてたので両親の手伝いに行こうかなと上の姉にメールで伝えたら
「chikuraちゃんの気持ちはありがたいけど、
 お父さん達はそんなことよりchikuraちゃんの子供が1日でも早く見たいはず。
 そんな暇があったら治療に専念すれば?」
と返事が着て、深く傷付きました…。
下の姉の入院先が上の姉の住んでるすぐ近くだったので、上の姉は毎日下の姉の入院先まで行ってくれてました。
多分私に心配かけまいと言った言葉とわかるんですけどね。
けどそんな言い方しなくても…と大泣きしてしまいました。

上の姉はとにかくストレートにしか物事を言わない人。
多分オブラートなんて存在は知らないと思われます(; ̄ー ̄)
ちなみにうちの両親は、不妊治療をして体を壊すくらいなら、夫婦二人で生きていったっていいじゃない、と言う人です。

そして先月、小藤を飼ったと上の姉にメールしたら「何?子供は諦めたの?」という返事…。
姉もトイプードルを飼ってるので色々聞きたかったのに、この一言です。
この頃まだ不安定な状態だったので、さすがに頭に来て「どうしていつもそういう言い方しかできないの!?」と怒って返事しました。
こういう時姉は絶対謝りません。多分何が悪いのか全然わからないみたいです。
性格がまるで違うので、本当に同じ姉妹なのかと疑います。ちなみに下の姉も上の姉が怖いと言います(^_^;)


そのメールの1週間後「今度小藤ちゃん見に行っていい?」と言うので、断る理由もないし、会って話せばそこまで傷つける人ではないのでOKしました。
メールだとやっぱりちょっとニュアンスが違ったりしますよね。
そんな感じです。でもま、ズバズバは一緒ですが(; ̄ー ̄A

それでも今日はかな~り緊張しました。
私の年齢で、未だに賃貸マンションに住んでることをアレコレ言うんじゃないかとか、子供はどう考えてるのと聞かれるんじゃないかとか、とにかくちょっとビクビクするんです。

…結局、犬の話題のみ。あと甥・姪(上の姉の子供)の話くらいです。
心配してくれてるのはよくわかるのに、やっぱりちょっと怖い姉です。

たまに大学生の姪から「お母さんは怖い」とメールが来ますが「昔からそうだよ~。でも面倒見の良い人で悪い人じゃないからさ~」とフォローしてます。
姉からしてみたら、私も子供なのでしょうね。
まさか姪と姉の話で話が合う日が来るとは思いませんでした(^_^;)

取り合えず今日は楽しかったです(*^_^*)

関連記事
  •   26, 2009 18:08
  •  0
  •  0

COMMENT 0

Post a comment