また会おうね

6年前に旅立った愛鳥・こぶ。
二つ目のアニマルコミュニケーション講座で、こぶが私の守護ガイドであることを知りました。

そのこぶが、そろそろ私から離れると言い、その後私はこぶに会いに行きませんでした。
会いに行ったらこぶとの別れが始まってしまう。
それが怖かったから。


このままいつまでも会いに行きたくない。
その思いが強かったけど、それではこぶが可哀相かもしれない・・・
そう思って5月6日にやっとこぶに会いに行きました。


こぶはもうほとんど見えなくて、なんとなくシルエットがわかるくらい。
やっぱり・・・と思いました。


 「ママ、待ってたよ。そろそろ行くね」

 「どこへ?」

 「次のステップへ」

 「こぶ、私に言葉を・・・・・・」

 「ママはもう大丈夫。ママは本当は強いんだよ。

    ママの道は決して消えることはないよ。

    もう恐れることなんてない。

    元々“恐れる”なんてないこと、今のママならわかるよね?

    ママ、自分を信じてね。

    ママの周りはあたたかな人が集まるんだ。

    人を信じて。

    夢を信じて。

    自分を信じて。

    ママ、今迄どうもありがとう。

    ボクは違う場所からいつまでもママを見守ってる。

    ママのことをずっとずっと応援してるからね」



こぶの翼が欲しくて両掌を広げて要求したけど、そこには何もなかった。

けれどそこでハッとしたんです。
私は感情線の上にもう一本、キレイに左右対称に線があるんです。
それが翼を広げたような形に、初めて気付きました・・・。

昔からあったものなので、こぶの翼ではないかもしれない。
でも私はこれをこぶの翼だと思って、こぶと共に夢を追っていこう・・・
そう誓いました。



私がアニマルコミュニケーターを目指すキッカケとなったのはこぶ。
こぶがここまで導いてくれたんだと思ってます。

できればプロになれるまで一緒にいて欲しかったけど…。
でもきっとこぶが大丈夫だと思って離れていったのだと信じてます。



こぶ、旅立ってからも私を見守っていてくれてありがとう。
こぶは一生自慢の息子。

本当にどうもありがとう。
ママ、がんばるからね。


img_cache_d_15377_1_1250750767_jpg_20150330134631ca9.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Comment (0)

非公開コメント