わんさか出てきた黒い自分

数年前までの私は、ハンパない腹黒な女だった。
悪知恵は働くし、やられたらやり返すのは当たり前。
しかも倍返しじゃなくて、100倍返しくらいは当然。

29570647_480x358.jpg
(↑なつかしいね^^;)

それが「強さ」って思ってた。
やられたらやり返して何が悪いの?って思ってた。

ある友人からは、「腹黒さはchikuraちゃんの右に出る人はいない」って言われるくらい。
今思えば残念な私なんだけど、それは当時の私には最高の褒め言葉だった。
彼女も腹黒な私が好きだったからね。
今その彼女とはフェイドアウトしてるけど。

でもある日違う友人に、「やり返すともっと大きくなって返ってくる」ということと、
腹黒は疲れるから、白くなろう!とも言われた。
その友人は元腹黒さんなの。
そうだな~とは思いつつ、腹黒さがなかったらつまんないじゃん、くらいに思ってた。


でもね。
アニマルコミュニケーターを目指してから、ピュア100%の動物の声を聞いて感動し、自分の腹黒さが恥ずかしくなった。
そして橋渡し役である者に、どれだけ動物が答えてくれるのか。
これじゃダメだって思って、自分と向き合うことをするようになった。

その後、過去の自分が100%の腹黒ならば、今は68%くらいになったかなぁ…。
いきなり0って難しいしね。
その68%の部分があったため、「あー引き寄せてたのか…」ってわかったことがあったの。



昨年知り合った人が私に近付いてきたのね。
その時は「まぁ悪い人じゃなさそうだし・・・」とOKした。
(ネット上でのこと)
ところが、その人が凄い真っ黒だってことに気付いちゃった。

その頃から「もう離れたい」って思うようになった。
とにかく「怒りのエネルギー」しかない人ってわかっちゃった。

反撃されるだろうなってわかってたけど、ある日そっと離れたの。
でもタイミング悪く、その人に向けてではない私の発言を、その人が自分のことと勘違いした。
離れたのと私の発言が重なればそう思うよね。
むやみに傷付けたことは申し訳なかったと思ってる。

そしたら物凄いことを言われた。
私にじゃなく、私のことを他の人にね。
言葉の暴力。
そういう目で最初から見てたんなら、なぜ私に近付いたのかな?という疑問。
反撃は想定内ではあったけど、でも翌日はエネルギーがなくなるくらいに心がズタズタだった。
けれどそこまでしてでも離れたかったのよ。

その後、これとは別に物凄く嬉しい出来事があり、そんなことは吹っ飛んでしまった。
でも落ち着くとやっぱりムクムクと、私の腹黒がうずき出す。
過去の私は、相手が言い訳できないくらいに、あれこれ悪知恵を働かせるのが得意だった。
また同じことをしてやろうかと思ったくらいに腹黒がうずく。

「でもやったらまた戻るだけ」
「あっちもまたやり返すからキリがない。そして傷つくだけ」

そう思ってひたすら我慢した。
それで別の視点から考えるようにした。




思えばその人が、怒りのエネルギーしかないってことに気付いた時点で、過去の私にそっくりだなってわかってた。
今でもその腹黒さは残ってるから、だから余計腹が立つんだ。
だから離れたくて仕方なかったんだなって思った。
だって、自分の嫌いなとこなんて、見たくないでしょう?


やられたらやり返すのは当然と思っていたのは、自分は被害者だって思うから。
でも、そこでやり返して攻撃した時点で加害者になるんだ。
正義感を振りかざした加害者なんだ。
もちろんそれが良いか悪いかってことじゃない。
でも私はもうそんなのこりごりだって、やっと気付いた。


そして「どうして自分はそうなんだろう?皆はやられて黙っていられるのだろう?」って思った。
これは自分がそうしていた時から疑問だった。
みんな大人だなって本当は思ってたけど、「私は強いからね」って思おうとしてた。
子供っぽいって気付いてたけど、「あっちが先にやったんじゃん」って開き直ってた。

でね、こっちが最後にガツンと言いたいの。
勝って終わりたいのよ。
きっとその人もそうだったと思う。
もうね、過去の自分そっくりだから、凄くよくわかっちゃうの。イヤだって思うくらいにね。

でも、それって勝ち負けじゃないんだよね。
もし勝ち負けだと言うなら、「負け」なの。
後出しじゃんけんみたいに「ズルい」の。
だって、そもそも最初から勝負すれば良かっただけの話なんだもん。

で、最後に言葉の暴力を奮う。
これって、親からの連鎖なんじゃないかって思った。
(私が思うに、だけど)
一番嫌いで、一番憎んでる部分で、自分は絶対ああならないって思うのに。
悲しいけど、正義感ふりかざす時に「ここぞ」って時に使うのよ。
いや、使ってる時は気付かないの。
「親とは違う」って思ってるから。
「正義のため」に使ってるから、それは別だって。
でも残念なことに、同じなんだよね・・・。


そしてね、腹黒い人って・・・やられたらやり返す人って、結局のところ淋しいんだと思う。
こんな武勇伝がある~って言っても、それ周囲にドン引きされるだけなんだよね。
やり返した自分は強いって思ってるし、自慢するけど、それは弱さ。
恥ずかしいくらいに滑稽なんだ。
「誰か助けて!」
って本当は叫んでるのに、自分が気付かないから誰も気付けないのよ。
けど、それを助けられるのは、結局自分しかいないんだよね。

でも「誰も助けてくれない」って淋しさと怒りと憎しみが雪だるまみたいになってって、
周囲は「敵」か「味方」だけにしか映らなくなる。
そういう目で見て、そういう付き合い方しかできないの。
なんでかって、自分が意地悪だから。
自分が意地悪いから、「あいつ、ああやって思ってんじゃないの?」って思っちゃうの。

だってそうじゃない人はそんな発想ないからね。
けれど本当は、人は優しいのよ。
自分が自分に優しければね。
だから「敵」か「味方」だけじゃない。
そもそも、「敵」でも「味方」でもないんだよね。
「敵」に映るのは、自分の鏡だから。



もうね、考えてたらどんどこ出てきちゃった。
「もうやめてー!!」ってくらいに。
こんなに私は恥ずかしい自分だったのか・・・って愕然としちゃった。
認めたくなくても、認めちゃった。
ここまで出ちゃうと、我ながらお手上げだった。

でもね、こうやって掘り下げまくったら、その人に出会ったのは、結局「そこに気付こうよ」って意味があったんだよね。
だから引き寄せちゃったんだろうし、神様か誰かが「早くこの問題片付けちゃおう」ってしてくれたんだと思う。
思えばサインは今まであったな・・・って思った。
そう思えたら、出会ってくれてありがとうって感謝の気持ちになれた。


腹黒い間は、どんなに望んでるものが手に入っても、幸せは一瞬。
なぜって、幸せは自分の心にあるからね。

経験したからこそわかったことだし、それならば手放さない手はないよね。
私はもうそれはいらないや。



うん、かなり疲れちゃったけど、凄く大きなものに気付けたし手放せたと思う。
その人に感謝。
出会ってくれてありがとう。
幸せを祈っています。


※こちらの記事は予約投稿です。
 過去記事にコメントを頂いた場合は、後日お返事しますのでお待ち下さい。
 なお、コメントは承認制なので、承認してから表示されます。
 よろしくお願いします。





関連記事
スポンサーサイト

Comment (2)

ひとこ #-

No title

そこまで感じて、最後には相手に感謝できるって
早々出来ることではないと思います。

私はchikuraさんのこと腹黒って思わないんだけどな・・・。

2015/02/15 (Sun) 09:41 | URL | 編集 | 返信 | 
chikura">

chikura #-

ひとこさんへ

いつもコメントありがとう。

多分ね、この部分を手放したい、どうしたらできるんだろう?ってずっと思ってたからだと思うんだ。
薄々わかってはいたものの、しっかり見つめて認めないとできないことだと思ってたし、そういうタイミングがやっときてくれたんだと思う。
本当は何度もタイミングが来てたはずなんだけど、わかりにくかったんだよね^^;
だからきっと私そっくりな人が現われたんだと思う。

腹黒って思わないでいてくれててありがとう。
ひとこさんには攻撃することがなかったから(^^ゞ
今はそこまでじゃないけど、過去は本当に真っ黒けで、結構楽しんでた部分、あったと思う。

2015/02/15 (Sun) 14:43 | URL | 編集 | chikuraさん">返信 | 
非公開コメント