テレパシーを使わないアニマルコミュニケーション

今日動物病院へ行った時のお話。

50代位の女性とゴールデンさんが待合室にいました。
診察室から出てきたわんこ連れの老夫婦が知り合いだったようで、
老夫婦の女性が、
「○○ちゃん(ゴールデンさんの名前)、また会えて良かった~」
と大喜びでご挨拶。

しばらく待合室で、向き合ってお話する老夫婦と女性&ゴールデンさん。
すると老夫婦の男性が、ゴールデンさんのことを
「神みたいなお顔ですね」
と言うと、女性は、
「え!うちの子ですか!?」
とビックリした様子。

続けて女性は、
「いえいえ。うちの子、家では靴やら靴下をガジガジして・・・」
と言いかけた時、ゴールデンさんが飼い主の女性の方をクルリと振り向く。

女性は、
「あ、ごめん。言っちゃいけないのね」と、話をやめました。
老夫婦の女性は、
「あら!わかるんですか!?」と驚いた様子。

ゴールデンさんの愚痴を言いかけてやめた女性。
普通なら続けてしまうと思うのだけど、
ちゃんと我が子のことを察してやめた。
ゴールデンさんも「言わないで」と、ちゃんとお知らせをする。
あら~ゴールデンさんも女性も神だわーと思う私


lgf01a201301031500.jpg


もちろん老夫婦だって、ご自身のわんこのことはわかると思う。
動物と一緒に暮らしている人は、
何かしらのアニマルコミュニケーションはできているはず。


私はテレパシーを使うアニマルコミュニケーションが出来たら、
いっつもいっつもお話したい!と思っていたけれど、
実際うちの子には、テレパシーを使う方は余りしない。

習いたての頃は勉強のためもあってよく使っていたけれど、
日々の暮らしの中、
テレパシーを使わないアニマルコミュニケーションの大切さがわかってきたから。


でも今日、そのゴールデンさん達を見て思ったのです。

私はテレパシーを使う・使わないに限らず、
言葉が使えない動物達と、言葉が使える人間と、
心を通じ合わせて共に生きて行く。
それがどんなに素晴らしいことなのか、と。

どんな方法でもアニマルコミュニケーションができるということは、
愛あってのことなのだなぁ・・・と改めて思ったのです。

病院で朝からウルウルしてしまいました



いつも応援ありがとうございます
↓クリックすると、あなたとペットちゃんに7分間ヒーリングが流れます

にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村



アニマルコミュニケーション/ヒーリングについてのお知らせはこちら「最新のお知らせ」

オラクルカードのメッセージをお届けしています「chikuraのオラクルdays」

アニマルコミュニケーション/ヒーリング(forペット) 

*アニマルコミュニケーション 6,000円 (1アニマルさんにつき)  
 メールセッションです。エンジェルさんも可能です。
 ご質問(またはお伝えしたいこと)3つまで。

*遠隔ヒーリング(forペット) モニター価格 \1,500 (1アニマルさんにつき)
 遠隔セッションです。30分間ペットさんにヒーリングをお送りします。
 
お申込みフォーム・詳細等はこちらです→「セッションメニュー」

※アニマルコミュニケーションご感想カテゴリはこちら→「アニマルコミュニケーションご感想一覧」


関連記事
スポンサーサイト

Comment (2)

ひとこ #-

動物と人間がよりよく分かり合えて
生きていけたら、幸せですよね。

2017/05/15 (Mon) 06:40 | URL | 編集 | 返信 | 
chikura">

chikura #-

ひとこさんへ

いつもコメントありがとう~。

自然とお互いがわかり合えて生きて行けたら
本当に幸せなことだと思うね^^

2017/05/17 (Wed) 16:50 | URL | 編集 | chikuraさん">返信 | 
非公開コメント